白茶日記

きまぐれに。



インフィニティ的視点からのグリップレビュー :: 2017/08/18(Fri)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


  1. ペン回し
世界大会に出場するべき5つの理由 :: 2017/07/06(Thu)

現在JEBではWT17への出場者を募集しています(7月7日締切)
出場希望はこちらから→http://japenboard.org/viewtopic.php?f=58&t=1658

上半期にPWT、今はGPLも進行中なのにさらにワルトナ開催なんて正気じゃねぇなと思っていたんですが、やる以上は少しでも盛り上がってほしいと思っています。

そこで今回は、世界大会経験者として「世界大会に出場するメリット」を書いてみます。
出ようかどうか迷っている人がこの記事を読んで名乗りを上げてくれたら何よりです。


1. ペン回しが上手くなる

PWTの経験としてこれが一番大きいです。
世界大会で勝つための動画を撮ろうとするとどうしても撮影時間が長くなります。長時間の撮影というのは半ば苦行じみたところがありますが、しかし自分の技術を磨く絶好の機会でもあります。
大会を意識した構成を組むことで高難度の技に対応する技術力を得られますし、また同じオーダーを繰り返すことで技の熟練度も高められます。
ワルトナに出ても勝つ自信がない・・という人ほどこの機会を利用して自身のスキルアップを図ってみてはいかがでしょうか。意欲のある方はぜひ。


2. CV用の撮影とは違った面白さが味わえる

近年のCVでは概ね小奇麗でサッパリとしたFSの人気が高いようです。もちろん編集者の好みにもよりますが、ここ半年くらいのCVを見ているとそんな傾向が見えます。
一方ワルトナでは明確に熟練度<難易度&発想力の審査が行われるので、CVで輝かない人が一躍脚光を浴びる可能性もあります。

また、世界大会は秒数に関してかなり寛容です。13-15秒程度でも内容が濃ければ勝てますし、その気があるなら20秒以上の動画を提出しても構いません。
CVでは長すぎるとカットされてしまうため12秒前後で〆ることが多いですが、世界大会ではもっと自由にFSを組むことができます。


3. 知名度が上がる

名前を覚えてもらえます。
自分を知っておいてもらうことには様々なメリットがありますが、分かりやすいのはオフ会や通話での交流でしょうか。何も知らない人よりは名前だけでも知っている人の方が話しやすい、というのは誰しも感じることだと思います。
また、海外スピナーは日本勢に比べ交流に積極的なので、大会中はDMで応援してくれたりコメントをくれたりします。今まで国内で留まっていた趣味が海を越えるのは普段の活動とは違った面白さがあります。


4. 声が通りやすくなる

3.に似てますがもう少し実用的な話です。
大規模なイベントに参加することは自分が意欲的に活動していることの証明になります。そして自分の意欲を示しておくことは後の自分の活動に良い影響をもたらすことになります。

ペン回しに限った話ではありませんが、何かしら行動を起こすときにはある程度注目を集める必要があります。企画を立ち上げたい、オフ会を主宰したい、あるいは動画を見てほしい、記事を読んでほしい等々活動全般に関わる話です。
とにかく何かを始めようと思ったときに、「あの時大会に出てた人だ」という印象をあらかじめ持っておいてもらうのは事をスムーズに進めるのに役立ちます。ジャペンへの出演も同じような効果がありますが、いずれにしても意欲があるなら出ておいて損はないです。


5. 友達に自慢できる

友達に自慢できます。


思いつくところでは大体これくらいです。時間と労力を割く覚悟があるのならメリットはあれどデメリットはそう無いと思います。
イベント続きで大変だとは思いますがせっかくならガンガン盛り上げてほしいです。大会が盛り上がるか否かは出場者の数と質にかかっています。

この記事を通じて一人でも多くの人が世界大会に興味を持ってくれることを願っています。目指せJEB4連覇!

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
PWT予選 感想 :: 2017/03/08(Wed)

JEB勢と気になった海外勢の感想を書いておく。以下敬称略


○JEB勢

・coco_A
環境がとても綺麗。画質がクリアで背景の机も格好いい。
しかし内容はいつも通りに見える。技は綺麗だが構成は単調でイマイチ主張がわかりにくい。

・Dary
悪くはないが普段Twitterに上げている動画の方が良い。予選ということで少し抑えてきた印象がある。
いつものアドリブと違い背景がオシャレ、この環境の動画をもっと見てみたい。次以降に期待。

・Ivy
アングルが見にくい・・・いつもの環境で見たかった。
内容は悪くないがいかんせん見づらい。

・VAIN
HALさん意識?速度に指が追いついておらず変にバタバタした印象を受ける。いつもの方が好き。
内容も特に目新しいものはなくかなり温存してきたように見える。次以降に期待。


JEB勢は総じてネタを温存してきたように感じる。バリバリ本気出した僕が空回ってるだけなのか。
でも決勝T行けるの16人だけだからな・・・枠の少なさを考えると多少気合入れて撮ってほしかった気もする。
何にせよ一人でも多くトーナメントに進めるよう願っています。


○海外勢

・Kurinto
インフィの使い方が自由。日本人はどうしても完成度を気にしてここまで思い切った構成にできないと思う。もちろん雑なのは否めないがこういうFSはたまに見ると新鮮に映る。
1軸を使って順→逆と回転方向を変える17秒前後のコンボが印象に残った。

・Megas
比較的丁寧に回している印象。画質の雰囲気、ペンのチョイス、構成の組み方どれをとってもいかにもFPSBという感じ。
海外勢の中では数少ない安心して見れる動画だった。ぜひ勝ち残ってほしい。

・pelta
韓国のインフィニスト。僕の動画を参考にしているようで見慣れたコンボが多い。
切り返しの使い方が下手だけど海外勢にしては丁寧に回している印象。もう少しオリジナルのネタも見てみたい。

・rotation87
始動のバランスゲーがスタイルに合っている。
円軌道は崩れてるんだけどそれはそれで見ていて面白い。


一通り見たけどコメントしたくなるのはこれくらい。あとは見どころ無しorいつも通りすぎて面白くなかった。
今回はXound、Diobrando、Eriror等有力なスピナーが出場しておらず全体的にレベルが落ちているように見える。もっと海外の上級者の動画を見たかった。
逆に言えば勝ち上がるチャンスでもあるはずなので何としても上に行きたい。とりあえず今日の結果発表を楽しみにしておきます。

  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
PWTについて :: 2017/03/06(Mon)

PDS主催のワルトナが始まりました。
JEBからはいつもより少なめの5人が参戦しています。
全員頑張ってほしいけど特にDaryさんに期待してます。ガンガン荒らしてほしい。

しかしこの出場者の集まらなさ見てるとJEBの人たちはあまり興味がないんでしょうか。僕は単純なので「世界大会」というワードだけでワクワクしてしまいます。
とにかく一出場者として自分の動画で少しでも盛り上げられればと思っています。


僕の世界大会出場は今回で3回目になります。多分歴代最多出場のはず。全然勝ってないから格好付かないけど。

今回の目標はズバリ世界一です。本気で勝ちに行きます。
予選の結果も出ないうちから大きなこと言うのもアレですが今回ばかりは結果を残したいです。

とりあえず自分の動画について書いておきます。



バスターを使いました。初めてまともに回したけど案外回しやすい。
序盤の親指を跨ぐガンリバ、中盤のカージオイド風のバクアラコンボ、終盤のハイツアあたりを主張点に気持ちよく見れるよう繋げました。
今回は全体のテーマ設定よりむしろ個々のコンボの面白さ、気持ちよさを意識してます。

バクアラコンボ以降の逆回転インフィ→順回転インフィで少しずつ減速してからハイツアで加速する流れがお気に入り。
ちょっとしたことでも感想・アドバイス等もらえると嬉しいです。

他の人の動画についてはまた今度書きます。


  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
SV制作&2016年のFS振り返り :: 2017/01/26(Thu)



環境を変えてからの動画をまとめてSVを作った。
過去作のリンクも下に貼っておくので併せてどうぞ。見比べるとスタイルの変遷が見えて面白いかも。
感想貰えると嬉しいです。

DL : https://www.axfc.net/u/3767571

solo 1 : https://www.youtube.com/watch?v=1rjjEyyAqQ4
solo 2 : https://www.youtube.com/watch?v=RO3zwTW5cg4


SV公開と併せて去年の動画の振り返りをしておこうと思う。
ここ最近では珍しく去年は10本以上の動画を撮影した。こだわって撮影したものも多く撮りっぱなしというのはもったいない。
内容を長々と解説しても仕方がないので、それぞれの動画について一言ずつ感想を付けていくに留めておく。

動画が多いので追記から。

>>続きを読む

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ