白茶日記

きまぐれに。



出張版インフィニティ講座@大阪ペン回し教室 配布資料 :: 2018/10/07(Sun)

1. 「インフィニティ」って何?
 〇技名,系統名としての「インフィニティ」
  ・トリック:ハーフウィンドミル
  ・コンボ:インフィニティ,インフィニティリバース,フェイクトインフィニティetc...
    ⇒技の数は少ない。マイノリティ?

 〇スタイルの一種としての「インフィニティ」
  ・インフィニティ系統の技を用いるスタイル?
   →必ずしもそうではない。インフィ系統を使わないインフィFSも存在する。
  ・「軸を持って回す」に対しての「先端を持って回す
    ⇒範囲は非常に広い。ペン回しの技の大半はインフィFSに利用できる。

2. 普段の技をインフィコンボにしてみよう
 〇4ソニック>>3ソニックひねり
  例1.(手の平側に長く持って)4ソニック>>3ソニックひねり→伏23フェイクトソニックリバース→23-12シメトリカルパス→12ハーフウィンドミルリバース
  例2.(手の甲側に長く持って)4ソニック>>3ソニックひねり→23ハーフウィンドミルリバース
    ⇒手の平,手の甲どちらに長く持つかで軌道が変わる。

 〇4,3フルーエントパス
  例3) 14ハーフウィンドミル>>14-45シメトリカルパスリバース伏4,3フルーエントパス→23ハーフウィンドミル

3. まとめ
 ・技名,系統名の「インフィニティ」とスタイルとしての「インフィニティ」は別物。
 ・ペン回しの技の多くがインフィFSに利用可能。
 ・手の平側に長く持つか,手の甲側に長く持つかで2パターンある場合がある。



以上です。
一応もとのWordファイルも置いておきます。
https://1drv.ms/w/s!AvW4Mw2orQvYgwaaMVQSuVBpeK8I

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
Editors'18 感想 :: 2018/09/27(Thu)

CVとFSそれぞれ感想書いていきます。

○CV
・a side
曲が可愛い。編集も主張しすぎない感じに凝ってていい感じ。
TheCCAWさんが曲の雰囲気にぴったり。あとNoelさんの始動のトントンやるとこ上手に活かしてて良い。
ただitezaさんの画質が勿体無いかな。これは別に編集が悪いわけではなく60fpsの弊害です。僕が高画質派なのにfpsをいじらないのは拾いやソロでこういう画質になっちゃうのが嫌だから。

・Can't Sleep
ホラー系CV。色々小ネタを挟んできてて面白い。リアル梟めっちゃ好き。
団体戦の動画一つも使ってないけど意識してるんだろうな。Editors'は既出無しの方がいいよ派なのでそういう意味でもお気に入りの作品。

・Cheerful Collab
人選が一風変わった感じ。
雰囲気はあるけど技術が追いついてない感じでしょうか。誰だか分からないけど今後に期待。

・CONCEIT
DumpFilesのJapan Cup拾いに何となく似てる。
本編の枠の図形とか細かいところまで手が込んでる一方FS自体にあまり手を加えてないのはそういう主義なのかな。Editors'って最終的にFS一通り見れるし多少ガシガシ編集しても文句言われないと思う。

・Doors
悪くないんだけどちょっと印象に薄い。曲が長いのかも?普通のCVならいいけど編集を競うならもっと短く詰め込んだ方がインパクトあって良さそう。

・Enchant'
めっちゃオシャレ。初っ端のvampireさんの動画が合いすぎてて面白かった。SonodaさんdebuedさんのシンクロもこのCVのために撮ったかのようなマッチ感。
あと何気にインフィ4人いるの結構凄い。

○FS
・hash
見るからに音ハメしやすそうな動画。
ワンパになるかならないかギリギリのところ攻めてきてて凄いと思う。

・Airiさん
最近見た動画では一番良い。
全体に密度高く適度に予想を裏切る動きを入れてて見応えがある。特に締めに向かう流れが好き。

・『Beat Red』さん
締め前のアラウンドで手がブレるとこ好きなんだけど狙ってるのかな?こういうちょっと不安定になっちゃったけどそれが結果的に格好良いみたいなのって昔のコリアンの特権だと思ってたんですがそれができてるとしたら凄いことだと思う。

・fukrouさん
素晴らしい!今まで見た動画で一番良かった。
中盤のエアスピから手を伏せて逆回転に変える流れや締めのインフィ×バランスなど独自の色を出そうという意識が感じられた。特に締めは今まで誰も試したことがない発想で初見はやられたなーと思った。
もともとあった安定感にオリジナルの技が加わったら鬼に金棒だし今後がさらに楽しみ。


以上です。CVもFSもレベル高くて見てて楽しかったです。
しかしやはりEditors'は自分が動画を出すのが一番楽しめますね。編集の都合で不採用になることも多いし受かるかどうかのドキドキ感があります。CVの当落に関心がなくなった古参こそ参加してみるべきだと思う。

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
インフィニティ講座を再開します :: 2018/09/24(Mon)


突然ですがインフィニティ講座を再開します。去年3本だけ作ったやつの続きです。
今回僕にしては珍しく計画性があって、第8回くらいまで既に撮影が終わっています。
まあ面倒なのは編集なのでどうなるかわからないけど一応それくらいは続けるつもりです。
単に技を紹介するだけじゃなくて新技開発の考え方とか、あるいは環境論とか、内容に幅を持たせながら続けていきたいです。
何かアイディアや希望があれば気軽に教えてもらえると嬉しいです。
動画内でも言ってますが最近もう少しYoutubeを活用したいなーと考えています。
具体的に何をどうするか全く未定ですが何かコンスタントに活動できればいいですね。


ブログにコメントくださった皆さんありがとうございます。全部読んでます。
更新頻度が低すぎてコメ返するタイミングを逃し続けてます。わざわざ書いてくださったのに申し訳ない。
特に去年の年末まとめ記事に頂いたコメントとても嬉しかったです。

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
Japan Cupを終えて :: 2018/08/16(Thu)

日本ペン回し界初の試みである団体戦は旋技研の優勝で幕を閉じた。
振り返ってみれば番狂わせあり、覚醒ありと見どころ満載の良い大会になったと思う。

今回僕は一般の部第二試合の審査員を務めた。これまでの大会はすべて参加者側であったため、反対側から大会を見るのは新鮮な体験であった。

Japan Cupは来年以降も主催者を変えながら継続していくことになる。
自身の考えを記録するために、また、今後の大会運営に寄与することを期待して、審査を通じて感じたことを書き留めておく。


○きっかけ

4月半ばに苔死さんから審査員の話を持ち掛けられ、二つ返事で引き受けた。
他ならぬ苔死さんの頼みである。断る理由がない。
イベントを魅力的に仕立てることに関して、僕は彼に全幅の信頼を寄せている。

大会の審査をすることに興味を持っていたというのもある。「講評」という形で自分の価値観を表現してみたかったからだ。
かねてからブログやツイッターにFSの感想・評価を書いてきたが、大会の講評となれば人目に触れる機会も増えるだろうし、自身の経験と関心が役に立つなら何よりだと思った。

一人の審査員が一つの試合の全責任を負うという形式は、以前苔死さんから聞いていたのか、あるいは自分で思いついていたのか、とにかく既に頭の中にあったものだった。
価値観の異なる複数の審査員の結果を均すより、信頼できる個人に一任したほうが一貫した結果が得られるだろうという考えである。
ただ、その審査員を自分が務めるとは思っておらず、改めて責任重大だなと思った。


○講評について

予選以外は動画に得点を付けることなく結果を発表する。したがって、何より重要となるのは講評の内容である。
少しでも説得力のある文章になるよう、提出された動画を何度も見直し、時間をかけて丁寧に書き上げた。

その際に気を付けたのは、「上手い」「凄い」「完成度が高い」といったスピナーが頼りがちな曖昧な表現を極力排することである。
これらの言い回しは互いに共有された価値観を前提とするものであり、その価値観を持たない人たちにとっては理解しがたいものである。
大会の審査員として一人でも多くの人たちに僕の考えを理解してもらえるよう、講評は詳細に、具体的に記述するよう心掛けた。

ちなみに、審査基準は普段の僕のFS観そのままである。初めに公開した「審査のポイント」は僕の価値観を正確に反映している。


○審査に対する反応について

ペン回しの大会において、審査に対する不満が噴出するのは常である。
これはペン回しの評価が最終的には主観に委ねられるために仕方のないことである。
そのため、今回も講評に対する異論、反論が投げかけられることはある程度覚悟していた。

しかし、いざ蓋を開けてみると審査員への不平は見当たらず、逆に驚かせられた。
参加者が大人だったのか、あるいは本当に審査内容に納得できたのだろうか。

上記の通りペン回しの評価はつまるところ主観なのだから、僕としてはある程度議論が巻き起こるほうがむしろ健全であるように思う。
結果に納得していない人、講評の内容が理解できない人は今からでも聞いてほしい。僕が考えたことはすべて包み隠さずお伝えするつもりでいる。


○第一、第三試合の動画

自分が審査を担当しなかった動画の中で特に気に入っているものを以下に挙げる。

・一回戦第三試合 ennisさん
非常によく練られた見ごたえのあるFS。順回転のコンボを主体に、3秒、5秒での切り返しを経て締めに向かう組み立てにまとまりを感じる。締め直前の手の甲に乗せるような動きはインパクトが強く、回転方向を統一した流れの中でも見せ場として際立っている。

・一回戦第三試合 Sonodaさん
3秒の24で持つフェイクトソニック、5-7秒のノーマルからカージオイドリバースまでの流れ、9-11秒の締めの流れなど視覚的に印象に残る動きが多い。技のバランスと切り返しのタイミングに意識を払いつつ、締めに向かう流れを最大の見せ場とする組み立てに高い構成力を感じる。

・準決勝第一試合 Malimoさん
個々のコンボが魅力的であるだけでなく、各コンボが自然な流れの中で結び付けられており、どこを取っても非の打ち所がない。特に締めのエアスピ→インデックススピンはそこまでの高難度の流れを上回るインパクトがあり、FSの終結部にふさわしい。

・決勝第三試合 Menowa*さん
初心者が夢想したようなアイディアを現実のものにしてしまう圧倒的な技術力。これだけ変則的な技を入れながらも綺麗にFSとして仕上げている。やはりFSにテーマ性を持たせることに関しては頭一つ抜けているように感じる。


○最後に

ツイッターでも度々言っていたが、一スピナーとしてやはり出場してみたかったという思いはある。
しかし、審査員としての仕事は当初想像していた以上に面白いもので、これはこれで良い経験ができたと思っている。
何より、自分の経験や能力が誰かの役に立つとなればスピナー冥利に尽きるというものだ。

大会を運営してくださったJEB管理人のyngsさん、Poroeさん、そして、この素晴らしいイベントを企画してくれた苔死さんには改めて感謝の意を表したい。

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
インフィニティ的視点からのグリップレビュー :: 2017/08/18(Fri)

 本記事ではペンの改造に用いるグリップをインフィニティとの相性という観点からレビューする。
あくまでインフィニティに関係する要素のみを論ずるものである。カラーバリエーションや価格、希少さなどは本記事の扱うところでない。そのような情報については他のペン紹介サイトを参照してほしい。

 以下では各グリップの特徴を「粘り気」「硬さ」「太さ」という3要素に分けて分析する。また、筆者自身が長期間使い込んだ経験のあるグリップに関しては経年変化についても言及する。右矢印「→」は使い込みによる状態の変化を表す。

 各要素の記述には「柔らかい」「やや細い」等の感覚的な表現を用いている。これはグリップに備わる特徴を客観的に数値化、言語化することが不可能であるためだけでなく、あえて主観的な表現を用いることで筆者自身の指の感覚を描写するためでもある。よって本記事はあくまで一スピナーとしての所感に過ぎない。どうかインフィニストの総意とは捉えないでほしい。



 ※記事内で使用する画像はすべて「ペンたちの集会所」様からお借りしています。本記事の執筆にあたり画像の使用を快諾してくださったponkotu様に改めて感謝の意を表します。


○HGG、HF

HGG.jpg

・粘り気:やや滑る→やや粘る
・硬さ:普通
・太さ:細い

 インフィFSに用いるグリップとしては最もメジャーである。過去のインフィニストを見てもこのグリップの使用率が圧倒的に高い。インフィニストに人気のVP、サンバと相性が良いという改造上の都合もあるだろう。
 しかし、メジャーな割に使いこなすのはなかなか難しいように感じる。グリップ自体が細身であるため、この細さに慣れないとピボットがしにくい。逆に言えば、このグリップで練習すれば他のどんな太さのグリップにも対応できるだろう。

 また、恐らく経年変化が最も著しいグリップである。初めのうちは粘り気が弱く滑りやすいが、使い込むほどにインフィニティに適した手触りに進化していく。この使い込みによる成長がHGG、HFの一つの大きな魅力である。
 使い始めて2、3年ほどでピークを迎え、それ以降は次第に脆くなり、最終的には千切れる。表面の凹凸が完全に磨滅した例もある。やや素材の耐久性が低いのかもしれない。

 確証は持てないが、色によって質感が異なるという説もある。自身の経験上、白HGGは他と比べてやや特殊で、使い込むと独特のぬるぬる感が生じるようである。他の色に関して差異があるかどうかは定かでない。


○Very楽ボ

楽ボ

・粘り気:やや粘る→粘る (or滑る)
・硬さ:柔らかい
・太さ:普通

 HGG、HFに次いで人気があるグリップ。HGGに比べると少し太めで安心感がある。使い始めから粘り気が強く、柔らかいので指にフィットしやすい。ビギナーから上級者まで幅広い層にオススメできるグリップである。

 使い込むにつれて質感は少しずつ変わっていく。2、3か月ほど使い込むと初めより若干粘り気が増すようである。湿度の高い時期は少し粘りすぎるように感じることもあるが、概ね許容範囲である。
 1、2年使い込むとさらに状態が変化することがある。2、3か月時点での粘り気をキープすることもあるが、さらに粘り気が増してインフィニティには適さない質感になったり、逆に、表面がツルツルになって滑りやすくなってしまうこともある。特にツルツルになってしまった場合、そこから元の質感に戻すことは難しい。
 なぜこのような現象が起きるのかは分からないが、恐らくグリップに触れない期間が長くなると良くないのだろう。一つのグリップを馴染ませたいのなら毎日同じペンに触れる必要がある。

 楽ボの場合、使いにくくなったら新しいものと交換してしまうのが良い。楽ボは使い始めからある程度粘り気があるので、買い替えることにあまり抵抗を感じる必要は無い。


○AnyBall

エニボ

・粘り気:やや粘る→粘りすぎ
・硬さ:やや柔らかい
・太さ:普通

 使い始めの手触りは楽ボに近い。適度な粘り気があり、柔らかいため指によくフィットする。
 しかし、このグリップは2、3か月使用すると粘り気が大幅に増してしまう。ベタベタとした感触が出てくるため、筆者にはあまり使いやすいと思えない。もちろん好みによるところが大きいので、粘り気が強い方が好みだという方は試してみるといいと思う。
 また、筆者が試したのは黒だけなので、他の色では状況が違うのかもしれない。何にしても使用者が少ないのであまり定かなことは言えない。使い始めの質感をキープ出来たら理想的なのだが…


○ハイパージェル

ハパジェル

・粘り気:やや滑る→普通
・硬さ:やや硬い
・太さ:やや細い

 これまでに紹介したグリップと比べると素材が硬質である。楽ボ、エニボ等のふわふわとした質感とは対称的で、指に沿う感覚はあまり無い。硬い手触りが好みの人には良いだろう。
 使い始めは粘り気が弱いが、半年ほどの使い込みである程度の粘りを持つようになる。それでもHGGのピーク時や楽ボと比べると滑りやすく、向き不向きが分かれそうなグリップである。 
 
 余談だが、筆者が今一番気に入っているグリップでもある。長年楽ボを使ってきた反動か、最近は硬めのグリップが指に心地よい。


○シグノ

シグノ

・粘り気:滑る→普通
・硬さ:やや硬い
・太さ:太い

 HGGやハパジェルに比べて短くて太い。VPやサンバにそのまま付けることができないので改造に工夫が必要である。G3の改造に用いる方が一般的だろうか。

 他のグリップに比べ粘り気が弱い。よく滑るため使い始めはほとんど指が引っかからないかもしれない。使い続けると並みの粘り気になるが、ある程度根気が必要である。
 シグノの利点としてその太さが挙げられる。これまでに紹介したグリップと比べると一回り太く、ピボットに不慣れな人にとっては少し掴みやすいかもしれない。また、計算ペンのペン先部分のように、他の細いグリップの上からシグノを被せるように改造するともう一回り太くできる。同じことはHGG、HFやハパジェル等の細身のグリップでは難しいだろう。


○スーパーグリップ(透明)

透明スパグリ

・粘り気:普通
・硬さ:やや硬め
・太さ:普通

 表面はある程度の粘り気があるのだが、素材が硬いせいかあまり指に食いつく感触がない。HGGや楽ボに慣れている人が使うと指からすっぽ抜けることが多い。
 質感とは直接関係ないが、このグリップは長期間使い続けると必ず黄色く変色してしまう。グリップを触り続けるインフィニストにとってこの問題は不可避である。


○スーパーグリップ(色付き)

(画像無し)

・粘り気:やや滑る→普通?
・硬さ:やや硬い
・太さ:普通

 上で紹介した透明のものと同形だが素材が異なっている。こちらの方が滑りやすい上に硬い。そのままの形で使い込んだ経験が無いので確かなことは言えないが、少なくとも使い始めの段階ではインフィニティに不向きなようである。
 筆者は切断したものをコムサに付けて使っているが、購入時より若干サラサラ感が薄れたように感じる。使い込んだシグノに近い。長期間使えばある程度馴染むのかもしれない。


○スーパーグリップ(2020)

(画像無し)

・粘り気:粘りすぎ
・硬さ:とても柔らかい
・太さ:普通

 上二つとは形状も素材も異なっている。これまで紹介したどのグリップよりも粘り気が強く柔らかい。毒栗のグリップを細身にしたらこんな感じだろうか。
 粘り気が強すぎてあまりインフィニティには向かないように感じる。グリップが粘りすぎていると突っかかりやすくなったり、見るからにベタベタとした雰囲気の回しになったりする。
 非インフィニストには誤解されがちだが、グリップは粘れば良いというものではない。適度な粘り気のものに指を慣らす方がはるかに良い。


○G2

G2.jpg

・粘り気:やや滑る→普通
・硬さ:硬い
・太さ:やや太い

 見た目は色付きのスパグリによく似ており、質感も近い。スパグリより太く、こちらのほうが若干滑りやすい。
 長期間使い込んでも目立った粘りは生じないが、初期の状態よりは滑りにくくなる。素材自体が硬いので、表面だけが指に吸い付くような独特の質感になる。形状がやや凸凹しているので、HGG、HF等に慣れた人は違和感を感じるかもしれない。
 

○HGR

HGR.jpg

・粘り気:やや滑る→やや粘る
・硬さ:普通
・太さ:やや細め

 使い始めは触り心地がサラサラとしているが、少し使うとある程度滑りにくくなる。さらに使い込むと粘り気が出てくるのだが、その感触がどうもネバネバしており、筆者は個人的にあまり受け付けない。材質があまり柔らかくないので、表面だけ粘り気があってもイマイチグリップ感が薄いように感じる。かなり好みが分かれそうなグリップ。



 以上でレビューを終える。
 グリップの種類は多いが、インフィニティに適したものを探すと意外と数は多くない。色々なものを試した結果、結局HGGや楽ボ等の有名どころに落ち着くのかもしれない。
 近年の新商品には疎いので、記事で取り上げなかった良いグリップがあれば、コメント欄でご教示いただけると幸いである。

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
Next page