白茶日記

きまぐれに。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
インフィニティ的視点からのグリップレビュー :: 2017/08/18(Fri)

 本記事ではペンの改造に用いるグリップをインフィニティとの相性という観点からレビューする。
あくまでインフィニティに関係する要素のみを論ずるものである。カラーバリエーションや価格、希少さなどは本記事の扱うところでない。そのような情報については他のペン紹介サイトを参照してほしい。

 以下では各グリップの特徴を「粘り気」「硬さ」「太さ」という3要素に分けて分析する。また、筆者自身が長期間使い込んだ経験のあるグリップに関しては経年変化についても言及する。右矢印「→」は使い込みによる状態の変化を表す。

 各要素の記述には「柔らかい」「やや細い」等の感覚的な表現を用いている。これはグリップに備わる特徴を客観的に数値化、言語化することが不可能であるためだけでなく、あえて主観的な表現を用いることで筆者自身の指の感覚を描写するためでもある。よって本記事はあくまで一スピナーとしての所感に過ぎない。どうかインフィニストの総意とは捉えないでほしい。



 ※記事内で使用する画像はすべて「ペンたちの集会所」様からお借りしています。本記事の執筆にあたり画像の使用を快諾してくださったponkotu様に改めて感謝の意を表します。


○HGG、HF

HGG.jpg

・粘り気:やや滑る→やや粘る
・硬さ:普通
・太さ:細い

 インフィFSに用いるグリップとしては最もメジャーである。過去のインフィニストを見てもこのグリップの使用率が圧倒的に高い。インフィニストに人気のVP、サンバと相性が良いという改造上の都合もあるだろう。
 しかし、メジャーな割に使いこなすのはなかなか難しいように感じる。グリップ自体が細身であるため、この細さに慣れないとピボットがしにくい。逆に言えば、このグリップで練習すれば他のどんな太さのグリップにも対応できるだろう。

 また、恐らく経年変化が最も著しいグリップである。初めのうちは粘り気が弱く滑りやすいが、使い込むほどにインフィニティに適した手触りに進化していく。この使い込みによる成長がHGG、HFの一つの大きな魅力である。
 使い始めて2、3年ほどでピークを迎え、それ以降は次第に脆くなり、最終的には千切れる。表面の凹凸が完全に磨滅した例もある。やや素材の耐久性が低いのかもしれない。

 確証は持てないが、色によって質感が異なるという説もある。自身の経験上、白HGGは他と比べてやや特殊で、使い込むと独特のぬるぬる感が生じるようである。他の色に関して差異があるかどうかは定かでない。


○Very楽ボ

楽ボ

・粘り気:やや粘る→粘る (or滑る)
・硬さ:柔らかい
・太さ:普通

 HGG、HFに次いで人気があるグリップ。HGGに比べると少し太めで安心感がある。使い始めから粘り気が強く、柔らかいので指にフィットしやすい。ビギナーから上級者まで幅広い層にオススメできるグリップである。

 使い込むにつれて質感は少しずつ変わっていく。2、3か月ほど使い込むと初めより若干粘り気が増すようである。湿度の高い時期は少し粘りすぎるように感じることもあるが、概ね許容範囲である。
 1、2年使い込むとさらに状態が変化することがある。2、3か月時点での粘り気をキープすることもあるが、さらに粘り気が増してインフィニティには適さない質感になったり、逆に、表面がツルツルになって滑りやすくなってしまうこともある。特にツルツルになってしまった場合、そこから元の質感に戻すことは難しい。
 なぜこのような現象が起きるのかは分からないが、恐らくグリップに触れない期間が長くなると良くないのだろう。一つのグリップを馴染ませたいのなら毎日同じペンに触れる必要がある。

 楽ボの場合、使いにくくなったら新しいものと交換してしまうのが良い。楽ボは使い始めからある程度粘り気があるので、買い替えることにあまり抵抗を感じる必要は無い。


○AnyBall

エニボ

・粘り気:やや粘る→粘りすぎ
・硬さ:やや柔らかい
・太さ:普通

 使い始めの手触りは楽ボに近い。適度な粘り気があり、柔らかいため指によくフィットする。
 しかし、このグリップは2、3か月使用すると粘り気が大幅に増してしまう。ベタベタとした感触が出てくるため、筆者にはあまり使いやすいと思えない。もちろん好みによるところが大きいので、粘り気が強い方が好みだという方は試してみるといいと思う。
 また、筆者が試したのは黒だけなので、他の色では状況が違うのかもしれない。何にしても使用者が少ないのであまり定かなことは言えない。使い始めの質感をキープ出来たら理想的なのだが…


○ハイパージェル

ハパジェル

・粘り気:やや滑る→普通
・硬さ:やや硬い
・太さ:やや細い

 これまでに紹介したグリップと比べると素材が硬質である。楽ボ、エニボ等のふわふわとした質感とは対称的で、指に沿う感覚はあまり無い。硬い手触りが好みの人には良いだろう。
 使い始めは粘り気が弱いが、半年ほどの使い込みである程度の粘りを持つようになる。それでもHGGのピーク時や楽ボと比べると滑りやすく、向き不向きが分かれそうなグリップである。 
 
 余談だが、筆者が今一番気に入っているグリップでもある。長年楽ボを使ってきた反動か、最近は硬めのグリップが指に心地よい。


○シグノ

シグノ

・粘り気:滑る→普通
・硬さ:やや硬い
・太さ:太い

 HGGやハパジェルに比べて短くて太い。VPやサンバにそのまま付けることができないので改造に工夫が必要である。G3の改造に用いる方が一般的だろうか。

 他のグリップに比べ粘り気が弱い。よく滑るため使い始めはほとんど指が引っかからないかもしれない。使い続けると並みの粘り気になるが、ある程度根気が必要である。
 シグノの利点としてその太さが挙げられる。これまでに紹介したグリップと比べると一回り太く、ピボットに不慣れな人にとっては少し掴みやすいかもしれない。また、計算ペンのペン先部分のように、他の細いグリップの上からシグノを被せるように改造するともう一回り太くできる。同じことはHGG、HFやハパジェル等の細身のグリップでは難しいだろう。


○スーパーグリップ(透明)

透明スパグリ

・粘り気:普通
・硬さ:やや硬め
・太さ:普通

 表面はある程度の粘り気があるのだが、素材が硬いせいかあまり指に食いつく感触がない。HGGや楽ボに慣れている人が使うと指からすっぽ抜けることが多い。
 質感とは直接関係ないが、このグリップは長期間使い続けると必ず黄色く変色してしまう。グリップを触り続けるインフィニストにとってこの問題は不可避である。


○スーパーグリップ(色付き)

(画像無し)

・粘り気:やや滑る→普通?
・硬さ:やや硬い
・太さ:普通

 上で紹介した透明のものと同形だが素材が異なっている。こちらの方が滑りやすい上に硬い。そのままの形で使い込んだ経験が無いので確かなことは言えないが、少なくとも使い始めの段階ではインフィニティに不向きなようである。
 筆者は切断したものをコムサに付けて使っているが、購入時より若干サラサラ感が薄れたように感じる。使い込んだシグノに近い。長期間使えばある程度馴染むのかもしれない。


○スーパーグリップ(2020)

(画像無し)

・粘り気:粘りすぎ
・硬さ:とても柔らかい
・太さ:普通

 上二つとは形状も素材も異なっている。これまで紹介したどのグリップよりも粘り気が強く柔らかい。毒栗のグリップを細身にしたらこんな感じだろうか。
 粘り気が強すぎてあまりインフィニティには向かないように感じる。グリップが粘りすぎていると突っかかりやすくなったり、見るからにベタベタとした雰囲気の回しになったりする。
 非インフィニストには誤解されがちだが、グリップは粘れば良いというものではない。適度な粘り気のものに指を慣らす方がはるかに良い。


○G2

G2.jpg

・粘り気:やや滑る→普通
・硬さ:硬い
・太さ:やや太い

 見た目は色付きのスパグリによく似ており、質感も近い。スパグリより太く、こちらのほうが若干滑りやすい。
 長期間使い込んでも目立った粘りは生じないが、初期の状態よりは滑りにくくなる。素材自体が硬いので、表面だけが指に吸い付くような独特の質感になる。形状がやや凸凹しているので、HGG、HF等に慣れた人は違和感を感じるかもしれない。
 

○HGR

HGR.jpg

・粘り気:やや滑る→やや粘る
・硬さ:普通
・太さ:やや細め

 使い始めは触り心地がサラサラとしているが、少し使うとある程度滑りにくくなる。さらに使い込むと粘り気が出てくるのだが、その感触がどうもネバネバしており、筆者は個人的にあまり受け付けない。材質があまり柔らかくないので、表面だけ粘り気があってもイマイチグリップ感が薄いように感じる。かなり好みが分かれそうなグリップ。



 以上でレビューを終える。
 グリップの種類は多いが、インフィニティに適したものを探すと意外と数は多くない。色々なものを試した結果、結局HGGや楽ボ等の有名どころに落ち着くのかもしれない。
 近年の新商品には疎いので、記事で取り上げなかった良いグリップがあれば、コメント欄でご教示いただけると幸いである。

スポンサーサイト
  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
世界大会に出場するべき5つの理由 :: 2017/07/06(Thu)

現在JEBではWT17への出場者を募集しています(7月7日締切)
出場希望はこちらから→http://japenboard.org/viewtopic.php?f=58&t=1658

上半期にPWT、今はGPLも進行中なのにさらにワルトナ開催なんて正気じゃねぇなと思っていたんですが、やる以上は少しでも盛り上がってほしいと思っています。

そこで今回は、世界大会経験者として「世界大会に出場するメリット」を書いてみます。
出ようかどうか迷っている人がこの記事を読んで名乗りを上げてくれたら何よりです。


1. ペン回しが上手くなる

PWTの経験としてこれが一番大きいです。
世界大会で勝つための動画を撮ろうとするとどうしても撮影時間が長くなります。長時間の撮影というのは半ば苦行じみたところがありますが、しかし自分の技術を磨く絶好の機会でもあります。
大会を意識した構成を組むことで高難度の技に対応する技術力を得られますし、また同じオーダーを繰り返すことで技の熟練度も高められます。
ワルトナに出ても勝つ自信がない・・という人ほどこの機会を利用して自身のスキルアップを図ってみてはいかがでしょうか。意欲のある方はぜひ。


2. CV用の撮影とは違った面白さが味わえる

近年のCVでは概ね小奇麗でサッパリとしたFSの人気が高いようです。もちろん編集者の好みにもよりますが、ここ半年くらいのCVを見ているとそんな傾向が見えます。
一方ワルトナでは明確に熟練度<難易度&発想力の審査が行われるので、CVで輝かない人が一躍脚光を浴びる可能性もあります。

また、世界大会は秒数に関してかなり寛容です。13-15秒程度でも内容が濃ければ勝てますし、その気があるなら20秒以上の動画を提出しても構いません。
CVでは長すぎるとカットされてしまうため12秒前後で〆ることが多いですが、世界大会ではもっと自由にFSを組むことができます。


3. 知名度が上がる

名前を覚えてもらえます。
自分を知っておいてもらうことには様々なメリットがありますが、分かりやすいのはオフ会や通話での交流でしょうか。何も知らない人よりは名前だけでも知っている人の方が話しやすい、というのは誰しも感じることだと思います。
また、海外スピナーは日本勢に比べ交流に積極的なので、大会中はDMで応援してくれたりコメントをくれたりします。今まで国内で留まっていた趣味が海を越えるのは普段の活動とは違った面白さがあります。


4. 声が通りやすくなる

3.に似てますがもう少し実用的な話です。
大規模なイベントに参加することは自分が意欲的に活動していることの証明になります。そして自分の意欲を示しておくことは後の自分の活動に良い影響をもたらすことになります。

ペン回しに限った話ではありませんが、何かしら行動を起こすときにはある程度注目を集める必要があります。企画を立ち上げたい、オフ会を主宰したい、あるいは動画を見てほしい、記事を読んでほしい等々活動全般に関わる話です。
とにかく何かを始めようと思ったときに、「あの時大会に出てた人だ」という印象をあらかじめ持っておいてもらうのは事をスムーズに進めるのに役立ちます。ジャペンへの出演も同じような効果がありますが、いずれにしても意欲があるなら出ておいて損はないです。


5. 友達に自慢できる

友達に自慢できます。


思いつくところでは大体これくらいです。時間と労力を割く覚悟があるのならメリットはあれどデメリットはそう無いと思います。
イベント続きで大変だとは思いますがせっかくならガンガン盛り上げてほしいです。大会が盛り上がるか否かは出場者の数と質にかかっています。

この記事を通じて一人でも多くの人が世界大会に興味を持ってくれることを願っています。目指せJEB4連覇!

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
PWTについて :: 2017/03/06(Mon)

PDS主催のワルトナが始まりました。
JEBからはいつもより少なめの5人が参戦しています。
全員頑張ってほしいけど特にDaryさんに期待してます。ガンガン荒らしてほしい。

しかしこの出場者の集まらなさ見てるとJEBの人たちはあまり興味がないんでしょうか。僕は単純なので「世界大会」というワードだけでワクワクしてしまいます。
とにかく一出場者として自分の動画で少しでも盛り上げられればと思っています。


僕の世界大会出場は今回で3回目になります。多分歴代最多出場のはず。全然勝ってないから格好付かないけど。

今回の目標はズバリ世界一です。本気で勝ちに行きます。
予選の結果も出ないうちから大きなこと言うのもアレですが今回ばかりは結果を残したいです。

とりあえず自分の動画について書いておきます。



バスターを使いました。初めてまともに回したけど案外回しやすい。
序盤の親指を跨ぐガンリバ、中盤のカージオイド風のバクアラコンボ、終盤のハイツアあたりを主張点に気持ちよく見れるよう繋げました。
今回は全体のテーマ設定よりむしろ個々のコンボの面白さ、気持ちよさを意識してます。

バクアラコンボ以降の逆回転インフィ→順回転インフィで少しずつ減速してからハイツアで加速する流れがお気に入り。
ちょっとしたことでも感想・アドバイス等もらえると嬉しいです。

他の人の動画についてはまた今度書きます。


  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
SV制作&2016年のFS振り返り :: 2017/01/26(Thu)



環境を変えてからの動画をまとめてSVを作った。
過去作のリンクも下に貼っておくので併せてどうぞ。見比べるとスタイルの変遷が見えて面白いかも。
感想貰えると嬉しいです。

DL : https://www.axfc.net/u/3767571

solo 1 : https://www.youtube.com/watch?v=1rjjEyyAqQ4
solo 2 : https://www.youtube.com/watch?v=RO3zwTW5cg4


SV公開と併せて去年の動画の振り返りをしておこうと思う。
ここ最近では珍しく去年は10本以上の動画を撮影した。こだわって撮影したものも多く撮りっぱなしというのはもったいない。
内容を長々と解説しても仕方がないので、それぞれの動画について一言ずつ感想を付けていくに留めておく。

動画が多いので追記から。

>>続きを読む

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
JapEn 12th LM 感想 :: 2017/01/03(Tue)

あけましておめでとうございます。結局年越しちゃった。
出演者の感想と合わせてジャペン全体について思うところを書いておきます。




FSの質は過去最高レベルだが編集が惜しい。文字の色がダサすぎる。
集まった動画が良い物だっただけに一層残念に思う。「あっさり」より「手抜き」という言葉が浮かんでしまった。

出演者の感想(敬称略)

・ayaNo
地味ながら工夫を感じる技が多く、特に後半の12変形ラダーはインパクトがある。
ただ完成度面で若干の衰えを感じる。特に〆前のウィンドミルで大きく手が動いてしまったのが残念。

・VAIN
ウィンドミルからの流れが非常に印象に残る。序盤は比較的平坦な構成であったこともあり対比でよく映えている。
逆に言えば序盤はやや工夫不足に見える。細かく見れば面白い技も入っているのかもしれないが、テンポが一定かつ軌道も予測可能な範囲であり印象が薄い。
またTMのFSについても同じことを書いたが、〆前のコンボはつい数か月前SephirotのCVで使用したものと同じで既視感が強い。使い回すなら工夫が必要だし、そもそもこの短期間で2回使うのは無理がある。

・eban
相変わらず美しい。以前より回し方が柔らかくなったような気がする。
ただ美しいだけで構成的な魅力はあまり感じない。9th、10thのFSはかなり練られている印象があるので少し見劣りしてしまう。

・Beige
別記事にまとめます

・kabu
シメトリカルドラマーを挟んでリバースを2回繰り返す流れが渋くて良い。切り返しながら〆に向かう流れも精度が高く技術力の高さを感じさせる。
使用する技はシンプルながら構成にも工夫が凝らされており非の打ちどころがない。過去のジャペンの動画と比べてもかなり好き。

・Riason
遊び心を感じる見ていて楽しいFS。技の完成度の高さは今更言うまでもないが、特に後半の12タップのピタッと止まっている感じがたまらない。
45軸を使用しない上に終始切り返し続けるという攻めの構成だが特に違和感は感じなかった。全て技術力でねじ伏せている。他の人には絶対に真似できない組み方だと思う。

・iteza
いまいち主張が見えにくい。見慣れないピボットが全体に散りばめられており努力は感じるものの結局どの部分を一番見せたいのかが伝わってこない。
中盤の2軸は軌道とテンポが変わるためインパクトがあるが前後のピボットとの関連性が薄いように見える。
彼の技術の高さはもちろん認めているが、構成に関しては「分かりやすく、伝わるように」がモットーの僕とはどうも感性が合わないらしい。

・Menowa*
どこで回してるんだよ、という一般人のようなツッコミを入れたくなる。既存の技を置き去りにした前衛的な構成。
序盤のデコピンのようなエアスピ、中盤の謎パワーパス、〆前の指まげて切り返す謎技等々いずれも一度も見たことも考えたこともない技ばかりでとても興奮した。TM、LMどちらも良いけどこっちの方が好き。

・mind
元気いっぱいのインフィニティ。内容は彼にしてはシンプルな方だが45での切り返しのインパクトが大きく構成としてつり合いが取れている。
ただせっかく技術があるんだからもう少し遊んでほしい気もする。引退前の方が自由なFSを作っていた。
あと〆の入り方は少しありきたりに見える。〆は必ずしもスプレッド、アラウンドである必要はないし、強いor弱いという考え方も固定観念でしかないと思うけど、何を使うにしても工夫は必要だと思う。

・TMrW
去年より上達してて笑ってしまった。一年間ろくに動画も撮らず拝み続けていたんだろうか。
ネタの新規性はもちろんだが、環境が見やすい上に技の完成度も高く特に言うことはない。右手指×左手掌から右手指×左手指に移行するところが好き。
素人目には去年と今年でネタが出し尽くしたように見えるので次の動画が楽しみ。どこまで持つかな。

・モナチョ
MVP。日本一。名人。
使っている技は極めて複雑だが画質がクリアであるため目で追いやすく、さらにどの動きも見ていて非常に気持ち良い。
中盤のウィンドミルから無理やりZCCに繋ぐ流れが凄すぎる。こんなの繋がるわけないでしょ。
構成に関しては〆前の流れがくどいようにも見えるけどこのFSにそういう指摘をするのは無粋だと思う。技術ごり押しでそれが許されてしまう数少ないスピナー。
本気出すのは数年に一度だし次はいつになるだろう。




今回のジャペンは「二つ作る」という前代未聞の構想のもとスタートした大プロジェクトで、ペン回し界を大きく盛り上げたことは間違いない。何よりどちらも魅力ある作品に仕上がっているしきちんと住み分けもできている。それに一度のジャペンで二つもCVが見れるなんてお得感がある。

しかし僕はジャペンは一つでいいと思っていたし今もその考えは変わっていない。今回は二つとも上手くいったがあくまで結果論であり、FSの提出先が分散することによるレベルの低下や、両作品の住み分けが失敗してしまう可能性を考慮するとあまり推奨できるシステムではないと思う。今後二つ作ることなんて無いだろうし杞憂に過ぎないけど、「12thでは二つ作ったから」という理由で同じことをやろうとすると上手くいかないと思う。

今回はTM、LMどちらも制作陣が楽しそうに取り組んでいたのが何より印象に残っている。昨年は編集者が一人で追い詰められていき、公開後もツイッターで毒を吐きまくった挙句ペン回し界を去るという非常に味の悪い結末を迎えてしまったため、ジャペンにマイナスイメージを持った人も少なくなかったと思う。今年のジャペンはそういう負の印象をすべて洗い流してくれるような爽快感があった。

今回のジャペンは大成功だったと言えると思うが、本当に重要かつ大変なのはこれからの活動だと思う。これまでもペン回し界が一時的に盛り上がりを見せたことはあったが、いつも継続することなく1年程度で熱が冷めてしまっていた。今はAlcor ProjectやIG-UNITEなどペン回し界を盛り上げようという動きが多く見られる。ジャペン成功を追い風にこれからも失速することなく繋いでいってほしい。僕も僕にできる範囲でペン回し界に貢献できるよう活動を続けていくつもりでいる。

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。