白茶日記

きまぐれに。



JapEn 11th 感想 :: 2015/12/27(Sun)

書きます。思えばジャペン公開直後にちゃんと記事書くのはこれが初めてかもしれない。


まず、作品を通じてのざっくりした感想は

・編集良い
・曲長すぎ人多すぎ
・FSレベル低すぎ

こんなところです。

編集は本当に頑張ったと思います。ろおkお疲れさま。
ろおkの編集は昔から近いところで見てて新作作るたびにあれこれ文句付けてたんですけど、そのころに比べると本当に編集上手くなったと思います。
昔は「動画を動かしすぎて目で追えない」というCV編集においてやっちゃいけないことランクベスト3には入りそうなことを平然とやらかしてたので、そういう基本的なところの改善も含めて過去作品と今回のJapEnを見比べると上達っぷりに感動します。
OPもEDも今年の締めくくりという感じがして良かったです。とにかく編集に関して僕から突っ込むことは特にないです。TMrWが叩きたそうにうずうずしてたのでそっち見てください。

曲長い&人多いは正直何とかしてほしかったです。作品の長さは3rdに次いで歴代2番目、出演者数16人は7thの15人を越して過去最多です。そりゃレベル下がるって。
16人のところを10人、せめて12~3人まで絞れてれば本当に駄目な人たちははじけてたし、ジャペンの曲は短めにするに限ると思います。あまり人多いと特別感が(もう薄いけど)なくなるというのもあるしね。

FSの質に関しては間違いなく過去最低だと思います。7thより酷い。
これに関しては編集者や出演者に非はなくて、十分実力があって意欲もあったのに動画出さなかった人達に文句言いたいです。
あと作製陣のゲストの誘い方がどうだったのかも知りたいです。もっと片っ端から声かけてたらもう少し集まったんじゃないかなーという気もします。



以下出演者の感想です。
かなり好き勝手に書いてるので、そういうの嫌な人は薄目で読んでください。


・kabuさん
流石の安定感。画質も雰囲気ありますね。
始動のリバース→リバースや前半のタップなど、回しが崩れない範囲でひねった技を入れてて職人を感じます。
なんだかんだ愛想尽かさず毎年出てくれるので嬉しいです。これからもお願いします。

・itezaさん(1/6追記)
ごちゃごちゃしすぎててよく分からんというのが率直な感想です。hinyari 4thやAWAKENINGでは映える構成を組めていたので大舞台で力みすぎた感じですかね。
ただ、複雑な序中盤との対比で軌道の明快な〆の流れはとても映えてました。抜いて魅せるという発想があるなら序中盤でも何かわかりやすい流れが欲しかったです。
技術はあるのでもう少し構成力が伴えばG3使いとして大成できると思います。G3スピナー最近貴重なので応援してます。

・ふかわさん
最初から最後までフラフラしてて安心して見れる個所がないです。あと背景タオルも格好良くない。
clever bear時代の方が好きでした。

・iroziroさん
出てほしかった人なので嬉しい。回転方向統一した流れが多くて見てて気持ちいいです。画質も映えてるしその辺は流石ですね。
ただ、ZCCの後45で伏せる動きはあまりかっこよくないと思います。理屈はわからないんですけど…。もうちょっと格好いいつなぎありそう。
それとインフィ後の2バクリバもちょっと拍子抜けに感じました。インフィ部分はこのFSの見せ場の一つだと思うんですけど、シュルシュルとパスコンボが続いてインフィで減速、さあ次は何かな?と期待してみたらただのバクリバでした、みたいな感じ。これがSAバクリバだったりキャッチが34だったりしたらまた印象違ったと思います。ただ、これは僕がインフィコンボを特別視しすぎててそう見えてるだけかもしれないのであまり気にしなくていいかもしれません。
色々言ったけどFS全体としての完成度は高いし、何より初出演でここまでの貫録を出せるって只者じゃない。去年のAiriさんに続き新鋭VP勢は腰が据わってて凄いです。これからも期待してます。

・Shadixさん
こちらも出てほしかった人なので嬉しいです。意欲的に活動してた人がその年の締めくくりにジャペン出演って一番綺麗な流れだと思うんですよ。
FSの内容はShadixさんの良いところ、悪いところどちらも出ているように見えました。良いところはメリハリのある指使い、飛び跳ねるようなペンさばき、複雑さなど、悪いところは安定感不足、〆の弱さなど。
難易度は伝わりにくい、というのは本人も理解しているところだと思いますし、もう少し難易度を抑えて努力を他に振るのもありな気がします。特に〆を強めにしたFSは見てみたいです。
総合してみると、今でも十分上手いけどこの人ならもっと行けるだろうなーという感じです。技術重視で上を目指してる人最近少ないので応援してます。

・arusatoさん
技の完成度が低くて構成のまとまりもないです。アングルも微妙。
難易度高そう、という印象しか持てないので難易度系上位互換のitezaさん等と比べて見劣りしてしまいます。
去年の0+ 4thやそれ以前の白机時代の方が上手かったと思います。

・imogaiさん
上手いんだけどいつも通りで特筆することもないかな、という感じです。ただFSノーマルからのつなぎの安定感はいつ見ても凄い。
いつも通りでいいのでこれからもちょくちょくCV出てほしいです。あと僕は画質綺麗だったころの方が好きです。

・Beige
後で。

・ponkotuさん
ずらし半端ないですね。ハーモニカルずらし?とかコンガンリバみたいなずらしとかバリエーション豊富で凄いです。
完成度面では突っかかりかけてるとこが確かにあるんですけど、このFSに安定感どうこう言うのは無粋な気がします。実際ずらし部分は間違いなく見てて面白いですし、こうもネタをポンポン出してくるのは流石だなと思います。

・aonekoさん
もっと上手いFSあったのになーという感じ。何回か見るうちに〆などの工夫に気づいたんですが、やっぱり全体的な不安定さが目立ちます。技のキレや滑らかさという点では去年の方がずっと上だったと思います(Noel3rdとか)。
〆は格好いいので序盤、中盤をもう少しシンプルにして無理せず回したらもう少し映えたんじゃないでしょうか。
毒栗スピナーは一人くらい居てほしいと考えてる人多いと思いますし、その役どころを果たせるくらいまで伸びることを期待してます。

・Lalutesukalさん(1/6追記)
みんな散々言ってるしこれ以上あえて何も言いません。〆見て懐かしくなりました。そういやナランハ2位は清水さんのポジションだったっけな。
多分編集途中で動画が足りなくなって、急きょponkotuさんの身近な人に依頼が行った、という感じだと思います。過去のジャペンでも似たようなことはあったけど、これまでは制作側にトップスピナーと繋がりのある人が多かったので何とかなってたんでしょう。本来そんな裏工作みたいなことやるべきじゃないけど、やらなきゃどうしようもならんという状況に陥る可能性は十分考えられます。動画集めについてponkotuさんは今回かなり楽観視していたようなので、来年以降何かしら対策を講じる必要があると思いました。曲短くする、たくさん声かける、各チーム最低○人は提出させる等々、僕が今思いつくのはこんなところです。

・Everchixさん
vineでは上手いので期待してたんですがFSで見るとまだまだでした。難易度やペンに振り回されて構成も完成度もめちゃくちゃに見えます。
とりあえずレバトリ連打はもうやめた方がいいと思います。そもそもが外人に使い古されたコンボなのに、そんなの連発してたらそこらの外人と同レベルです。
Everchixさんみたいなペン回しって多分やってる側は楽しいんだと思います。僕はできないけど、自分の指の前後をペンがポンポン動いたら楽しいだろうなとは思います。だからこれ以上の評価を望まないなら好きなことやればいいと思います。
でももし上達を望んでいるのなら、今のスタイルを一度見直して、かなり根本的な意識改革から始める必要があるように思います(どう変えるかとかは語ると長いので他の人の意見聞いてください)

・VAINさん
黒背景に黒ペンで見栄えも悪く初見では微妙と思ったんですが、見返してみると内容はえらく詰め込んでいて、難易度や複雑さではある程度評価すべきなのかなと思いなおしました。全然好きじゃないけど、凄いです。
ただ、VAINさんのFSはどれも心地よさを一切感じない構成、回し方で、このまま技術だけ磨いても一定層の評価しか得られないと思います。
身内で褒められればそれでいいやと開き直るなら構いませんけど、もっと広く評価されて日本のトップ層に並びたいと思うなら少し方向性を変えた方がいいと思います。

・TMrW
ついにやってくれたなという感じ。見てて気持ちいいけどじっくり見ると本当に気持ち悪い。最高。
唯一無二のスタイルで誰も評価できない領域まで達してしまったので迂闊なこと言えないですね。そういう小細工抜きに普通に凄いけど。
両手インフィの世界は夜明けを迎えたばかり、これから先どんどん開拓されていくことを期待しています。僕はやりません。

・Menowa*さん
最近見かけなかったし出てくれて嬉しい。世界王者の圧巻の技術力。
ジャペン用にかなりまとめてきた感じですね。もっと遊んでもいいのよ。

・Pearlsさん
初見はまとまってて上手いなと思ったんですけど、見返すうちに要所要所でのふらつきや技の既出感が気になってきて何とも言えなくなりました。
全体の流れはPearlsさんのFSで一番いいと思うんですけど、始動直後のレバトリも途中のパスもそのあとのウィンドミルも全部他人の技ですよね。Pearlsさんはパスが上手くないのであえてパスを使わずに済む構成にしたんだと思いますけど、結局選んだネタが既出感バリバリの人真似なのでこのFS別にPearlsさんがやらんくてもよくない?となってしまいました。
あとこれはPearlsさん悪くないけど、トリのFSではないなと感じました。多少無理してでもMenowa*さんトリにした方が良かったと思います。




・自分の




25をテーマに据えたインフィはおそらくこれまでにないでしょう。
もともとは25オンリーという狂気のネタを考えてて、それが上手くいかなかったのでオーダー解体してパパッと撮ったのが提出作品です。このオーダーにしてから15分くらいで撮れました。8thで15時間、10thで40時間以上苦しんだことを考えるとずいぶんお手軽なジャペンになりました。

元ネタの25縛り→https://twitter.com/beige_ps/status/680053678955343873

ジャペン没案→https://www.youtube.com/watch?v=hPZOhTBaunY


それと今回は一応招待枠なんですが、撮影までにかなりいろいろありました。


↓ 以下どうでもいい裏話、飛ばしていいよ

ジャペン制作が決まった後、9月末くらいには招待のPMを貰っていました。しかし、ネタがないことや、(ブログばっか書いてて説得力無いけど)卒論で忙しいことなどを考えて、出せたら出そう、くらいの気持ちで保留していました。

そのまま結局締め切りを迎えてしまったので、まあ今回は無理して出なくてもいいかと思っていたところ、一般枠締切直後にponkotuさんから「動画足りなくてヤバいから撮ってほしい」という旨のPMが来ました。
今年もかよ!というのが正直なところで、こちらも全力で撮影できる時間はないので「二日間だけ頑張ってみるけど、それで目途が立たなければ辞退する」と伝え、構成を練り始めました。
そこでいろいろ考えて練習したんですが一向に形にならず、申し訳ないけどやっぱり辞退させてくれ、という連絡をしたのが締切3日後だったと思います。

それからしばらく音沙汰なく、ジャペン大丈夫かなと他人事に心配していたところ、12月9日に今度はrookから「動画撮らんか」と連絡が来ました。
9日ってジェブフェス10日前じゃないですか。この段階で足りてないって本当にヤバいのかもな…とジャペンの危機を感じ、ここにきて人助けのつもりで撮影を始めました。もう自分の評価はどうでもいいので穴を埋められるだけの動画を撮ろうと思っていました。
平日はカメラ回す時間がないので、土日に頑張ろうということで最終締め切りは13日(日)にしました。ジェブフェス6日前です。ジャペンやべーなと思ったけど去年はもっとギリギリだったらしいです。ジャペンヤバ

とりあえず何でもいいから動画を出さなきゃならなくなりました。でも仮にもジャペンだし、自分としてもあまり下手な動画は晒したくありません。
そこで得意技で固めようと考え、下手に小細工しないで得意なインフィコンボだけ繋いで勝負することにしました。(あとぶっちゃけmindいないし俺がインフィやって文句言うやついないだろみたいな気持ちもあったんだけど提出後公開待ってる間に奴が突然復活したので一人焦ってました)

その後は、23オンリー(これ→https://twitter.com/beige_ps/status/666599629522206720)ができるなら25オンリーも行けるだろ!→むり、指折れる→適当でいいや

妥協の末に何とか提出までこぎつけました。
余談ですけどインフィは行き詰ったとき酒飲みながらやると適度に力が抜けて良いということに気づき、途中から定期的にウイスキーを舐めつつ撮影してました。飲酒動画でジャペン出たのもしかしたら初ですか。

そんなこんなで結局14日の朝に動画を提出し、rookが頑張って仕上げて19日に間に合わせた、とこんな段取りでした。

↑ ここまで裏話


こんだけ各人が苦労して作ったのに結局批判ばかりで、ジャペンなんかやめちまえ、という人もいるかもしれません。
でも僕はなんだかんだ言ってジャペンシリーズ好きです。ずっと続いてほしいとすら思っています。
毎年1作、それもナンバリングが続いていくというのが好きなんです。これがなくなったらペン回しの"今"を記録するCVはなくなっちゃいますから。これからペン回しを始める人たちが最初にシリーズ通してみた時に、この時代にはこんな人がいたのか、ということがわかる記録資料的なCVとして、ジャペンはあり続けてほしいなと思います。

ただ、ジャペンが"今"を代表するCVであるためには、今現在意欲的に活動している人が出なきゃ意味ないですよね。そういった意味で、今回は初出演の若手が少なかったのがとても寂しいです。ジャペンなんか、と斜に構えず、みんなどんどんジャペンに出よう。叩かれるのが嫌なら良いFSを出して見返してやればいい。それでも叩かれたらまた次頑張ればいい。何より出れる実力があるのに裏で文句だけ言うのはダサいと思います。

それと制作側に言っておきたいのが、例年「ジャペンやります!」→「動画足りません!」のコンボが定式化しすぎなのでこの辺何とかする工夫必要だと思います。もっと片っ端から招待かけるとか、動画収集用スタッフを委員会内に用意して撮影スケジュール調整させるとか、いろいろ案はありそうです。少なくとも、ジャペンやります提出待ってます!だけでは今の時代十分な動画はそろわないでしょう。



繰り返しですけど僕は毎年ジャペン楽しんでます。今年もいろんな人の意見が見れて楽しかったですし、スピナーがこんなにペン回しについて熱く語るのも例年この時期だけでしょう。

もし来年ジャペンがあるなら、僕はぜひとも出演したいと思います。mindも帰ってきたことだしそろそろ最強のインフィニストを決めんとな。来年の枠は貰った。

とにかく、rookはじめ制作陣のみなさん、また、動画を提出した皆さん本当にお疲れさまでした。来年の冬、またジャペンについて楽しく語れることを願っています。




(1/6追記)

編集者問題について何も触れてなかったので思ってることを簡単に書いておきます。

近年はなかなか編集者が決まらず、ジャペンをやるかどうかでよく揉めてますよね。
今年はrookが引き受けてくれましたが、彼なりに葛藤はあったと思います。

そもそもジャペンの編集を引き受けるということについて、デメリットの方を大きく見てしまう編集者が多いのだと思います。そして実際それは間違ってないと思います。
だって仮に最高の編集ができたとしても、良いFSが集まらなきゃ「ジャペン○○thはクソ」とひっくるめて批判されますからね。時間的拘束やプレッシャーなど負担は大きいだろうに、その中で自分なりに技術を尽くして作った作品が自分の力の及ばないところで叩かれたらやりきれないでしょう。その点rookは貧乏くじ引いたなあと同情しています。
だからジャペンの編集を引き受ける人は、そんな理不尽な批判の槍玉に挙げられる覚悟を持った上で臨まないといけません。気持ち、意欲の面でとてもハードルが高いと思います。

それほどの意欲を持った編集者が毎年いるとも限りませんし、本当に誰も引き受けてくれないようならその年はお休み、ということがあっても仕方がないと思います。
ただ、たまにお休みの年が入ったり隔年になったりしても、ジャペンシリーズは何らかの形で続いて行ってほしいです。自分自身が主催側に回る気があまりない以上、続けろとも続くべきとも言いません。一視聴者、一参加者として、ただ続いてほしいなと願うだけです。ちょっと無責任かもしれませんが、僕が言えるのはこれくらいです。

スポンサーサイト
  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
ジャペン出演者予想 :: 2015/12/19(Sat)

この記事はジェブフェスの先行上映会より前に書かれたものです。
なのでネタバレはないです。ジェブフェス不参加の方も安心してお読みください。そもそも僕自身参加しないしね。

※予想リストで名前挙げた人の中で動画出してない人がいても、俺出してないよ~みたいなこと言わないでくださいね。間接的に僕がネタバレすることになっちゃうので。


というわけでジャペン出演者予想です。

今年のCV全部見てるわけでもないしまあ適当です。僕なりの観点で予想します。
実力と意欲の掛け算なので上手くても下の方に名前があったり、あるいは予想に入れてなかったりします。


(敬称略)

・本命

Airi
rpzn
Shadix
Slofis
Watto
肄弖嵳


・対抗

altema
iroziro/duri
Drowsy
Everchix
Goat
Ivy
Noël


・大穴

Ease
frikyu
Menowa*
henagon
nora


本命は実力的に順当で、かつ意欲もありそうな人を挙げました。
rpznさん、Shadixさんは活動再開して今一番意欲がある時期だと思うし出してるんじゃないかな。名前挙げてないけど他のLovetrapメンバーも期待してます。
あとはWattoさんも楽しみ。去年惜しかったし今年こそはという感じ。スタイル的にもジャペン向きだしぜひ出てほしいです。

対抗の中だとNoëlさんはSingular PointのFSがとてもよかったので特に出てほしいけど、あまりCVに頻繁に出演する方ではないしわからない。

大穴の上3人は実力はあるけどまあ出ないだろうなーというところ。Menowa*さんは言わずもがな世界王者だけど、ワルトナ以降CVで見てない気がするし出してなさそう。frikyuさんは好き。でも出なそう。
Easeさんは上半期のMVPと言ってもいいくらいだけど忙しそうだしなー…。でも頼まれたら頑張って時間作って撮ってくれそうな気もする。
henagonさん、noraさんはこれまでの出演歴を鑑みると大穴だけど、一発ぴったりとはまれば行けるかも?二人ともTethnicのFSが良かったので、あれを超えるくらいのFSが撮れてたらあると思います。


色々考慮して、期待も込めながら11人選ぶならこんな感じでしょうか。

総合予想(11人)

Airi
altema
iroziro/duri
Drowsy
Everchix
Noël
rpzn
Shadix
Slofis
Watto
肄弖嵳


全部当たったらペンでもください。
現実的には半分くらい当たればいい方ですかね。ペン回し上手いけどジャペン興味なし、というスピナーもいるので予想は難しいです。

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
好きなFS① :: 2015/12/17(Thu)

適当に語ります。①となってるけど続けるかはわかりません。
日ごろから技の細かいところまで立ち入って見ていないので、コメントが本当に薄くて適当です。まあ動画だけ見てもらえればそれでいいです。

では始めます。


key3 - JapEn 5th



比較的派手目なFSが多いkey3さんにしては異質な作品。09年末ということで全盛期を過ぎた感がありますけど、逆にその脱力感?がドツボです。
環境とペンが黒系で統一してあってめちゃくちゃオシャレなんですよね。白い指がよく映えてます。
当時影響されて黒っぽいセーター買った覚えがあります。


mind - 5th Chosen



2010年のmind。今のmindしか知らない人にはぜひ見てほしい。
動画全体の雰囲気が最高に好き。なんか儚い。
中盤の1軸周辺でふわふわ切り返すとこや終盤のインフィがとても映えてるし何より技が滑らかすぎていつ見ても感動します。


enot - 2010 1st



もともとenotさんの回し大好きなんですけど中でもこのFSは特に好みです。
インフィ後に一瞬減速するとこが良い。紙が動いてるのはご愛敬。


riason - Skyper No.6



riasonさんは他にも上手い動画いくらでもあると思いますけど何故かこのFSが琴線に触れます。
何で好きなのと言われても理由がよくわかりません。まあ好みなんてそんなもんでしょう。


turugi - JapEn 6th



CVでは始動切られてるけど完全版とCV版どちらもアリだと思います。
環境と手の影が好きなのかな。技のチョイスも渋くてgood


めちゃくちゃ適当だけどとりあえずこれくらいで。好きの理由を考えていくとよくわからなくなります。
こうして並べてみると雰囲気がオシャレで技が滑らかで、かつちょっと不安定な回しが好きなのかも。
あと偶然ですけど全部2009年~2010年のFSになりました。歴1~2年頃に見たFSが印象に残りやすいんでしょうか。

多分また書きます。

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
インフィ上達法 -入門からJapEnまで- (後編) :: 2015/12/11(Fri)

後編です。前編はこちら→http://beige72.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

突っ込んだ話が多くなるほど主観も増えます。
こいつはこんなこと考えてるのか、程度の気持ちで読んでください。


後編の項目は以下の通りです。

3.上級編
 3.1 技自体の見栄え
 3.2 見る人に与える印象
 3.3 良い構成の組み方
 3.4 個性

4.今後の展望
 4.1 重ペンインフィ
 4.2 対称ペンインフィ
 4.3 両手インフィ


やはり今回も長いので、項目見て興味持ったとこだけでも読んでみてください。



今更ですが、文章中で使う「インフィFS」とはどういうFSを指すかを簡単に定義しておきます。

・始動から〆までインフィコンボで固められたFS
・FS全体の5割以上がインフィコンボで構成されたFS

こんな感じです。何割以上が~とかは適当です。まあ見ててインフィだなと感じればインフィです。

それでは始めます。



3.上級編

3.1 技自体の見映え

まず、インフィは特別見映えがいい技ではないということを常に念頭に置く必要があると思います。

僕はペン回しの技、コンボにはそもそもの見栄えの格付けみたいなものがあると考えていて、僕の中でのランク付けはまあだいたいこんな感じです。

A:ノーマル系全般、シャドウ、ソニひね、3,4ガンマン&リバ、ハーフガンマン&リバ、バクアラ全般、チョイワル
B:ソニック(?)、ラダー(?)、パス、シメソニ、2ガンマン&リバ
C:1軸の絡むパス、シメラダ(?)、指ぬき(?)、その他
D:フェイクトラダー、12ハーフウィンドミル、その他

B以上・・・映える技、コンボ
C・・・使い様によっては映える技、コンボ
D・・・ほとんど使えない技、コンボ

めちゃくちゃ適当です。全技網羅してないし大技はそもそも入れてません。自信ないのはハテナついてます。
昔からある技は上の方に来やすい気がします。コリアンの使う技って大抵見映えいいですよね。
一方で、最近生まれたコンボは玉石混交です。チョイワルみたいに画期的に映えるのもありますが、ごちゃごちゃしていて見映えが悪いものも多いです。技術重視コテを目指す初~中級者はCランクくらいからコンボを選びがちです。
また、当然ですけど技の組み合わせ方によって見映えは変わりますし、やる人によっても全然違ってきます。あくまで目安に過ぎません。

詳細なランク付けは今どうでもよくて、肝心のインフィがどの辺に入るかについて考えてみます。
僕はこのランク付けだと、大半のインフィコンボがB~Cランクに入ると思っています。
インフィコンボにも映えるもの、映えないものがありますから一概には言えませんが、少なくともA~Bで挙げた技よりは見映えで劣るかなという感じです。

特別映える技でもないのですから、何も考えず既存のインフィコンボをつなげるだけでは限界があります。インフィにおけるコリアンスタイルというのは成立しません(「3.2 見る人に与える印象」でも触れます)。

mindのように複雑さや構成で突き抜けるか、僕みたいにインフィ以外の技を見せ場に持ってくるか、いろいろ工夫のし甲斐はあると思います。
漫然とインフィコンボを繋ぐだけの段階を脱することができれば中級者卒業でしょう。


3.2 見る人に与える印象

インフィをやらない人から見ると、インフィなんて何やってんだかよくわからん、というのが正直な感想でしょう。
普通4軸使うところで5軸使ってみました!だの、実は指抜きしてるとこすげー難しいんです!だの、知ったことかという感じです。
ということで、インフィFSを組むときは細かいところにこだわって自己満足に陥ることがないように気を付けましょう。見る人の目が肥えていないのではなく、伝え方が悪いのです。

また、細かい工夫が伝わりにくい一方で、インフィコンボは見る人に強い印象を与える効果もあります。
これに関連して、僕が最近意識している「技の採用率」という考え方を紹介します。

技の採用率とは、「世に出た全てのFSにおいて、ある技が使われている割合」です。例えば、3ソニひねは多くの人が使っている=採用率が高い、4ガンマンは滅多に見ない=採用率が低い、ということです。

以下は採用率の高低と、FSに使用した際に与える印象です。

採用率の高い技を稀に使う→特になし
採用率の高い技を頻繁に使う→特になし
採用率の低い技を稀に使う→インパクト大
採用率の低い技を頻繁に使う→ワンパ

まあ採用率なんて言葉をあえて使わなくても大抵の人はなんとなく意識していることだと思います。

ここで重要なのは、採用率は世に出たFS全体に対しての割合であって、個人的な使用頻度とはあまり関係がない、ということです。
つまり、自分がソニひね感覚で使っているインフィでも、採用率が低いために連続して使うとワンパに見える可能性があるのです。自分にとって当たり前の技が、他人にとっても当たり前とは限りません。
これがインフィにおけるコリアンスタイルが成立しえないもう一つの理由です(「3.1 技自体の見映え」参照)。コリアンスタイルってのは採用率の高い技をどれだけ格好良くこなせるかが勝負ですからね。インフィとは色々矛盾します。

不本意なワンパ化を避けるためには、全てのFSを異なるインフィコンボで作れれば一番いいんですが、そこまでのストックがある人はまずいません。なので構成や環境などで工夫していく必要が出てきます。


3.3 良い構成の組み方

これまでに述べたように、インフィは特別見映えがいいわけではない上に、工夫が伝わりにくく、さらに気を付けないとすぐワンパになる系統です。面倒くさいですね。

その上でよい構成を組むためには、以下のような工夫が考えられます。

○特に採用率の低いインフィコンボを使用する
○インフィ以外の技を使用する
○FSにテーマを持たせる

それぞれについて、動画を使いながら説明します。


○特に採用率の低いインフィコンボを使用する

・0+ 4th ippeiさん



全体的に採用率の低いコンボが多いですが、特に〆前のフルーエントコンボはippeiさんオリジナルの技でとてもインパクトがあります。新技はお披露目した時点では採用率0%ですからね。当然与える印象も強くなります。


・Agenda ippeiさん



ippeiさんはインフィコンボの創作に熱心なのでこの項で紹介しやすいです。
3:05の手のひらを上に向けたコンボはあまり見ない動きでインパクトがあります(元ネタはkirboさんだっけ?忘れました)。
ついでにその直前のノーマルも、そこまでの同方向の流れを変えるためによい働きをしています。


○インフィ以外の技を使用する

・JapEn10th Beige



自分の動画貼るのもどうかと思いますけど書きやすいので許してください。
インフィからのパムスピ、シャドウ小指流しなど珍しいことやってますが、インフィコンボ自体は手癖でやっているものばかりです。


・Talentica neue Beige



インフィに色々組み合わせるのは僕の得意分野でもありますし、もう一本だけ紹介させてもらいます。
インフィとゾンボキャッチ、シングルアクセルなどを組み合わせています。
それ以外はいつも通りですが、上記の技を入れたおかげで「いつもと同じ」という印象は避けられている、はずです。


・iteza 7th mind



mindにしては珍しくインフィ以外の系統を入れています。
これもインフィ以外の部分がアクセントになっていていつもと違う雰囲気を醸しています。普段がインフィ固めなのでそのせいもあるかもしれません。


○FSにテーマを持たせる

・Nostalgica mind



構成にテーマを持たせることに関してはmindが頭一つ抜けています。
逆回転、順回転それぞれのフルーエントコンボがよい流れが生んでいます。


・SPSL'7th mind



今度は回転方向統一です。逆回転統一であっさり〆、なんかもう芸術的ですね。
逆回転統一ではJapEn8thも印象深いですが、あれは回転方向云々より内容のエグさに目が行きます。


もちろんここで紹介したもの以外にもよい構成を作るコツはあります。興味のある人はいろいろ考えてみてください。

何にせよ、できるようになったコンボを繋げただけのFSは避けるようにしましょう。インフィに限った話ではないですけどね。


3.4 個性

劣化mindになるのは避けましょう。ぶっちゃけこれが全てな気がします。

インフィはほっといてもそれなりに個性が出ます。技の選択の幅が広い、ペンを挟んでいない指の形の自由度が高い、などが理由です。

しかし、VPを使用した複雑怪奇なインフィFSを追及すると、遠くない将来mindの壁にぶち当たります。半端なく高くて厚い壁です。
「俺はmindを超える!!!」という強気な人や、「mindさんは神。”劣化mind”は神の称号」という信者はそのまま続ければいいと思いますが、インフィの世界で個性を確立したいなら別ルートを選ぶ方が賢明だと思います。現に僕は比べられるのが嫌なのでインフィ以外の技を組み込むスタイルを模索しています。
VPでインフィやっちゃダメというわけじゃないですよ。ただ、常にmindとは比べられるよ、という話です。

最後に、今後開拓できそうなスタイルを書いて終わります。


4.今後の展望


4.1 重ペンインフィ

今のところ、インフィFSに重ペンを使う人はあまりいません。
しかし、重ペンを使うことでインフィ特有の振り回す動きが強調され、VPなどを使うインフィとは違う印象を与えることができます。


・PSN4thのSaizenさん




・bonkura solo 2ndから一本




ペンが重いので振り回す感が強いというか、指の動きにペンが遅れてついてくる感じになるんですよね。enotさんのインフィも似た雰囲気があります。
最近僕が一番興味をもっている分野です。


4.2 対称ペンインフィ

インフィは非対称、特にVPでやるのが一般的ですが、別に対称ペンでできないわけではありません。現在取り組んでいるのは僕くらいだと思います。


・JapEn10th Beige(「3.3 良い構成の組み方」で紹介したので動画は省略します)

・WT13 R1 Beige




・WT15 R4 Menowa*さん



このMenowa*さんのはインフィFSとして扱われてるとこ見たことないんですけど、大技とインフィの組み合わせ方に感動したので紹介してみます。
大技×インフィって実は相性いいと思うんですよね。僕はできないけど。


普通のインフィ固めのFSを撮るなら対称ペンは使わない方がいいと考えています。インフィという技がそもそも指に対して非対称な技なので、対称ペンを使ってしまうとどうしても違和感が生じます。
でも、バクアラやパムスピなどを上手く取り入れたら、もしかすると対称ペンの方が映えるような構成もあるのかも?と色々考えて試してはいますが、上手くいっているかどうかはわかりません。
両側にグリップついてるのは対称ペンの利点ですけど、なかなかそこを生かす構成組むの難しいんですよね。

僕がやったこと以外のアイディアを持ってる人がいればぜひ挑戦してみてください。


4.3 両手インフィ

あまりインフィって感じはしませんね。インフィニストが取り組むより両手使いが取り組む方が現実的な気がします。実際やってるのも両手FSで有名なTMrWだけです。


・TMrWの試作品




・Tethnic5th TMrW




ちょっと真似したことあるんですけどめちゃくちゃ難しいんですよね。
もしやってみたいという奇特な方がいたら、TMrWが詳しく書いてるので読んでみてください。

明日もやらない―両手インフィは辛いのか
URL:http://penspin1228.blog61.fc2.com/blog-entry-508.html


上記以外にも開拓の余地はきっとあるはずです。これまでのインフィニスト10人そこらで開拓しつくしたわけありませんしね。



ものすごく長くなりましたが、役立つor面白い情報はあったでしょうか。何かコメント貰えると嬉しいです。

色々書きましたけど、僕は人のインフィFSを見るのがとても好きです。
これから先、インフィニストが少しでも増えてくれたら何よりです。

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
インフィ上達法 -入門からJapEnまで- (前編) :: 2015/12/06(Sun)

この記事はペン回し Advent Calendar 2015の参加記事です。
面白そうなので乗っかってみました。たまにはブログも書かないとね。



○はじめに

ペン回しには色々な技がありますが、その中でも特異な見た目を持つインフィニティ系統に特化したスピナーがいます。所謂インフィニストというやつです。
インフィニストはどの時代においてもマイナーな存在で、数はとても少ないです。JEBの歴史を振り返っても、インフィで有名になった人って10人そこらしかいないんじゃないでしょうか。

試しにJapEnシリーズにインフィFSで出演した人をカウントしてみましょう。

(敬称略)

1st:bonkura
2nd:なし
3rd:planter*
4th:なし
5th:enot,ippei
6th:ippei
7th:mind
8th:mind,Beige
9th:mind
10th:Beige

なんとたったの6人!JapEnスピナーは100人近くいるはずなのに、その1割にも満たないんですね。
もちろんJapEnに出演していないインフィニストもいますが、いずれにせよ数が少ないことに変わりはありません。

そんなインフィニストですが、最近は特に数が減っているように感じます。
このまま僕やippeiさんあたりが消えてしまうと、下手すりゃインフィニスト絶滅、なんてことにもなりかねません。

そこで今回は、「インフィを始めてみたいけどどうすればいいんだ!」という初級者の方から、「いくつかコンボは覚えたけどFSの作り方がわからない…」という中級者の方、さらには「インフィニストとして名を馳せてやる!JapEnに出るぞ!」という上級者までを対象に、インフィ上達の道筋を書いてみようと思います。

この記事を読んでインフィニストを志す人が現れ、そしてインフィの世界を発展させてくれたら嬉しい限りです。


この記事は以下の項目に分かれています。
ものすごく長いです。自分の興味あるところだけ読んでください。

○前編
1. 入門編
 1.1 使えるコンボ、使えないコンボ
 1.2 参考にすべきFS

2.中級編
 2.1 コンボの増やし方
 2.2 構成の基本


○後編→http://beige72.blog.fc2.com/blog-entry-49.html
3.上級編
 3.1 技自体の見栄え
 3.2 見る人に与える印象
 3.3 良い構成の組み方
 3.4 個性

4.今後の展望
 4.1 重ペンインフィ
 4.2 対称ペンインフィ
 4.3 両手インフィ


動画で実例を紹介しながら、なるべくわかりやすく解説していこうと思います。どうぞお付き合いください。



1. 入門編

1.1 使えるコンボ、使えないコンボ

先日Twitterにて、初心者~初級者と思われる方からインフィについての相談を受けました。
インフィが得意なので、参考になる動画を教えてほしいとのことです。

そこでどの程度の実力か尋ねてみると、「インフィニティ~トリプルインフィニティ、インフィニティリバース~スリップトダブルインフィニティリバースができる」といった旨の返信をくださいました。
僕も昔、ペン回し資料室のインフィコンボ全部覚えて似たようなこと言ってたなぁと懐かしくなりました。

僕は資料室見て練習した世代ですけど、最近はEaseさんのペン回しの空間が主流ですよね。解説が丁寧でわかりやすいです。
せっかくなので、ペン回しの空間の「コンボ | ウィンドミル系統」のページも見てみましょう。

http://pen-spinning.appspot.com/combo/windmill.html

色々なコンボが紹介されていますね。コンボの数で言うと資料室よりも多いです。
では、これらの技を全て習得すればインフィFSが組めるようになるのでしょうか?

結論を言うと、技紹介サイトに掲載されている技の大半はインフィFSに使えないのです。
トリプルインフィニティを百万回練習しても、インフィFSは作れません。

通常のパス主体のFSは、紹介サイトの技を習得し、それをつなげれば一応形になります。
各軸のソニック、ソニひね、パス、ハーフガンマンあたりを習得しておけば問題ないでしょう。中級者スピナーへの第一歩を歩めます。
一方でインフィは、紹介サイトを卒業する段階では通常のFSにおけるソニひねやパスに相当する技すら習得していないのです。

じゃあどうすればインフィFSに使えるコンボを習得できるかというと、人のFSからひたすらパクるしかありません。
基礎技すら自力で集めなくてはならないこの面倒くささこそが、インフィニストの数を少なくしている何よりの要因だと思います。

しかし、コンボをパクると一口に言っても、最初は何から手を付けていいのかわかりません。
そこで、初級者向けのコンボをいくつか挙げてみました。

・3伸ばし24(3シメソニの形)主体の順回転コンボ
・4曲げ35(4ソニックの形)主体の逆回転コンボ
・23、34主体の順、逆回転のコンボ

この辺は最優先で覚えるべきコンボでしょう。
以下は僕が撮った動画です。


・3伸ばし24(3シメソニの形)主体の順回転コンボ



1つ目…12-24ハーフウィンドミル→24-24ハーフウィンドミル→24-45ソニひねリバ(癖で最後45軸曲がってますが気にしないでください)
2つ目…3シメソニ≫24-24ハーフウィンドミル

3伸ばし24の順回転は最も基本的な形です。
1つ目、2つ目どちらも汎用性が高く、様々なFSに使用されています。


・4曲げ35(4ソニックの形)主体の逆回転コンボ



1つ目…13-35ハーフウィンドミルリバ→35フェイクトソニック
2つ目…12-23ハーフウィンドミルリバ→23-35パスリバ→35-35ハーフウィンドミルリバ→35フェイクトソニック

35の逆回転も基本の形です。
2つ目は少し難しいですが、似たコンボはいろいろなところで使われています。


・23、34主体の順、逆回転のコンボ



オーダーは省略します。
これに関しては僕が撮ったのをそのまま習得してほしいわけではなく、だいたいこんな感じの動きができるようになるといいね程度のものです。参考にしてください。

以上の基本的な形を踏まえたうえで、初級者がコンボを真似るのに適したFSをいくつか紹介します。


1.2 参考にすべきFS

大前提として、mindや僕のコンボをマネするのはやめましょう。成長が遅れます。
mindも僕も07〜08年世代を参考にしながら練習して、様々な工夫を経て現在のスタイルにたどり着いたわけで、試行錯誤の結果だけを取り入れようとしても意味がないです。何をやるにしても基礎から入るのは大事。

ということで、「1.1 使えるコンボ、使えないコンボ」で紹介した形を多く含み、初級者の参考になりそうなFSを挙げていきます。


・研究室PV2nd planter*さん(前半部分)



研究室PV2ndがYoutubeになかったのでソロビから抜粋。
練習にオススメは何ですかと聞かれるたびに僕はこのFSを挙げています。
順回転の3伸ばし24、逆回転の35といった基本的な形が詰め込まれており入門にうってつけです。僕が初めてコピーしたFSでもあります。

参考までに最近僕がコピーしたやつも貼っておきます(この記事を書くために見直して気づいたんですが、僕のオーダーだと3ガンマンの後にフェイソニ一回足りないみたいです)
https://twitter.com/beige_ps/status/661909247647612932



・JapEn3rd planter*さん



planter*さんからもう一本。ただ研究室PVのものと比べるとだいぶ難しいです。
始動の35逆回転のコンボ、そのあとの4曲げ15-13のシメラダなど、指のトレーニングになるコンボがたくさん使われています。
前半部分(2コントガンリバまで)だけでも解析する価値はあると思います。


・JapEn5th enotさん



こちらもシンプルで参考にしやすいFS。「1.1 使えるコンボ、使えないコンボ」で挙げた基本の形はどれも入っています。
3曲げ24の逆回転あたりは少し難しいですが、それ以外は練習しやすいと思います。画質が綺麗で解析しやすいのもいいところ。


・SPSL'5th ippeiさん



ガンリバ、ハーフガンリバを上手く組み込んだFS。この時期のippeiさんは3伸ばし24の順回転コンボがとても上手です。
余談ですが、直前のMizmさんには手を出さない方がいいです。見た目の数倍難しいので…

参考としてmindのコピーも貼っておきます。
https://youtu.be/fptmAtV6UM4?t=155


あまり挙げてもきりがないのでこれくらいにしておきます。

繰り返しになりますが、インフィはとにかく技を自力で覚えないことにはスタートラインにすら立てません。
これからインフィ始めようという人は、僕が挙げたFSを参考にしつつどんどんコンボを覚えていってください。

FS全体をコピーする必要はありません。必要なコンボだけ抜き取って練習すればいいんです。
習得した技が増えれば増えるほど、上達が早まります。



2.中級編

2.1 コンボの増やし方

基本的なコンボを覚え、インフィ中級者の入り口に立つと、今度は始動から〆までインフィ固めのFSを撮ってみたいと思うかもしれません。
mindさんみたいにエグイFSを撮りたい!ippeiさんみたいに斬新なコンボ使ってみたい!とまあこんなところです。

しかし、インフィだけでFSを組むには、3伸ばし24や4曲げ35などの基礎コンボを覚えただけでは足りません。もっといろいろな技を覚えていないと構成がワンパになり、すぐに飽きられてしまいます。とはいえ、やみくもにコンボを覚えていくだけでは終わりが見えず退屈に感じるかもしれません。
では、一体どれくらいのコンボを覚えれば満足にFSを組めるのでしょうか?

だいたいの目安として、順、逆いずれでも、回転方向を変えずにコンボの被りなく10秒回せるくらいになっていないと、インフィオンリーのFSを作るのは難しいです。

下の動画は僕がTwitterに貼ったアドリブですが、逆回転統一で12秒間、コンボの被りなく回しています。

https://twitter.com/beige_ps/status/671390422204215298


順、逆どちらでもこれくらいのバリエーションがあれば、切り返しを含めるとそれなりに幅のある動きができるようになります。

ということで、当面の間は「回転方向統一して10秒」を目標にコンボを増やしていきましょう。

コンボを増やすのに役立つ方法は主に以下の2つです。

・人のFSからパクる
・習得済みの技の軸を変えてみる

1つ目については特に言うことありません。1.入門編で書いた通り、いろいろなFSを参考にしながらコンボを真似してみてください。
「1.2 参考にすべきFS」で紹介したレベルのFSがこなせるくらいになっていれば、あとは各々好きなスピナーのコンボを盗めばいいでしょう。でも過度な背伸びは禁物です。

2つ目については少し詳しく説明してみます。
習得済みの技の軸を変えてみる、というのはスピナーにとって自然な発想だと思います。この方法でコンボを増やしている人はインフィニストに限らず多いと思います。

しかし、インフィにおいてこの手法は他の系統よりも技習得の効率がいいです。
なぜなら、インフィは使用する指の自由度が極めて高い技だからです。

以下にインフィで使用可能な指使いを列挙してみました。

12、2伸ばし13、2曲げ13、23伸ばし14、2伸ばし3曲げ14、2曲げ3伸ばし14、23曲げ14、234伸ばし15、23伸ばし4曲げ15、24伸ばし3曲げ15、2伸ばし34曲げ15、2曲げ34伸ばし15、23曲げ4伸ばし15、24曲げ3伸ばし15、234曲げ15、3伸ばし24、3曲げ24、34伸ばし25、3伸ばし4曲げ25、3曲げ4伸ばし25、34曲げ25、4伸ばし35、4曲げ35、45

以上で全部です。もうええわという感じですね。これらに順、逆回転の区別、さらに指ぬき、指入れ、指入れ替えなんかを含めるともう莫大な数になります。
上記リストの中には使いにくい指使いも当然あります。24曲げ3伸ばし15なんか正直使い道無いと思いますが、それ以外は大体どれでも使おうと思えば使えますし、見栄えにも一応影響します(大きな違いを生まないものも多いですが…)。これと同じことはパスやガンマンではできないと思います。

一つ覚えれば100個覚えたも同然!…と、そこまで大見得を切るつもりはありませんが、それでも一つのコンボから上記の指パターンを参考に5~6個くらいはコンボを作れそうです。

どの系統でも有効な「軸を変える」ですが、インフィでは特に有効ということを覚えておいてください。


2.2 構成の基本

不要な切り返しを減らしましょう。これに尽きます。

インフィコンボを一通りこなせるようになってきた中級者にありがちなのが、個々のコンボは滑らかなんだけど、切り返しが多すぎてバラバラに見える、というパターンです。
同方向に回し続ける技術がないとこうなりがちです。「2.1 コンボの増やし方」で紹介した回転方向を統一して回す練習は構成にも影響します。
インフィというのは基本ゆったり滑らかな技なので、切り返しが多いとどうしてもまとめにくいです。ラダーなんかも相性悪いですね。

また、1軸を使いすぎるとダサくなりやすいです。1軸を絡めたコンボは他の軸を使うコンボより難易度が低いので、3,4,5軸を満足に使えない中級者は1軸に頼る傾向があります。使わなけりゃいいってものではありませんが、乱用は避けましょう。

上記以外にも気を付ける点はいろいろあるんですが、構成云々言うよりまずは技のバリエーションを増やして、さらにコンボの完成度を高めていくことの方が中級者にとって大事だと思います。なので細かいことは3.上級編で書こうと思います。

(後編に続く)→http://beige72.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:2