白茶日記

きまぐれに。



インフィニティにおける未開拓分野についての覚え書き :: 2016/08/11(Thu)

未開拓分野についての覚え書きと題して、インフィニティにおいてさらなる掘り下げが見込まれる分野を確認する。各分野の先行作品を挙げた上で、それらの問題点や不足点を指摘し、筆者なりの見解を示す。
具体的なネタを提供する内容ではないが、当記事を読んだインフィニストが何かしらの着想を得てインフィニティの世界をさらに発展させてくれることを期待する。

未だ世に出ていない構想を文章で発表してしまうのはFSのネタバレになるため、既に一度は試された発想だが、視点を変えて取り組めばより一層の開拓が可能と思われるものを扱うこととする。


○順回転統一

未だ完成を見ていない大きな未開拓分野の一つ。逆回転統一ではmindのSPSL'7th, JapEn 8thが有名だが、順回転では今のところ決定的なFSが出ていない。
逆回転に比べ動きのバリエーションが少ないこと、手の平を見せる動きが多くなりワンパになりやすいことなどが原因として考えられる。

ippei - JapEn 6th



他系統の技を組み込みながら回転方向を統一し、違和感なくまとめあげている。
構成にしつこさやワンパ感はないが、逆に違和感がなすぎて順回転統一であることが分かりにくく、テーマとして成功しているのかどうかは判断しづらい。


mind - lvt.Cup 1次リーグ



インフィオンリーの順回転統一。順回転という縛りの中で様々な種類のコンボを使用している。
単調に見せないようにする工夫は感じるものの、やはり順回転特有のワンパ感が残っており、特に5秒-8秒あたりでは動きの被りがあるように見えてしまう。上に挙げたippei氏のFSに比べテーマ性は伝わってくるものの、構成としての完成度、まとまり具合は改善の余地があるように見える。

他系統を組み込めばワンパ感を消しやすくなるが、その代わり順回転統一であることがわかりにくくなる。一方インフィ系統だけで組めば順回転であることは間違いなく伝わるが、動きのしつこさとの戦いになる。
順回転統一であることが一目でわかり、かつワンパではないFSが組めれば言うことなしだが、現時点では誰も成功していない。


○軸縛り

インフィニティは複雑な技という印象を持たれがちだが、実は他のどんな系統よりも使用軸の数を減らしてシンプルな構成にすることも可能である。一つのピボットで可能な動きがとても多いため、慣れれば同軸で何秒も回し続けることもできる。

Beige - JapEn 11th



FSの中盤を25軸縛りで構成したFS。テーマはわかりやすいが構成は粗い。
わかりやすさを重視してあえてこのような構成にしたのだが、まとまりを意識するなら25要素を始動及び〆にも含ませる必要があったかもしれない。

特定の指だけを使っていることを示すには、使用する軸以外の軸の扱いが重要になる。25なら自然と他の軸は曲がるが、他のピボットを用いる場合は意識的に指を曲げる必要があるだろう。
また、軸縛りをテーマにするからといって、特定の軸だけで5秒6秒と回し続ける必要はない。特定の軸の使用頻度を高めるのも構想として面白い。その場合ワンパ感を如何に拭えるかが勝負となるだろう。
今のところ軸縛りをテーマとしたインフィFSはおそらくBeigeのものだけであり、しかも構成的にかなり粗がある。このFS一本で軸縛りというテーマが完結したとは到底思えない。柔軟な発想で取り組む人が現れることを期待する。


○インフィニティ×タップ

インフィニティの大きな動きとタップの細かい切り返しは相性が良い。以前からこの組み合わせに可能性を感じていたのだが、最近とても良いFSを見たので紹介しておく。

Iful - grax即席



テーマが非常にわかりやすく、構成全体のまとまりもある。
切り返しパートが序盤と〆前に配置してあり全体としてつり合いがとれている。

タップの鋭い動きとインフィのゆったりとした動きの対比は非常に美しい流れを生むことがある。大抵インフィニストはこの手の技が苦手なので、Iful氏のようにインフィ以外の技に精通した人の方が向いているかもしれない。筆者自身もSPSL'8thで一度試してみたが、技術不足のために中途半端な構成になってしまった。
また、monji氏のFSにもインフィとタップの組み合わせが見られるが、彼は細かく切り返すより一度ペンの動きを止め、FSの切れ目として使用することが多い。このような使い方も一つの可能性だが、むやみに使うと流れを切ってしまう恐れがあるため注意が必要である。monji氏の構成力があって成り立つ組み方だろう。


○コンティニュアス

インフィFSの中にコンティニュアス系のコンボが用いられることは滅多にない。今年に入ってから発見された分野で、さらなる発展が見込める。

mind - spirexia



終盤の指ぬきコント技を主軸に据えたFS。
前半から中盤にかけては1軸周辺の切り返しを多用し、終盤のコント技が浮かないような雰囲気作りができている。

コント技を使用する際の課題は、コント部分を周りから浮かせないこと、FS全体がワンパにならないことである。FS全体を特に工夫のないインフィコンボで構成してしまうと、コント技の部分だけが他の部分から浮いてしまう可能性が高い。中心となるコンボ以外にも繰り返しの動きを取り入れ、構成に伏線を張る工夫が必要となる。



まとまりのない文章となりましたが、以上がPen Spinning Memorandum参加記事となります。
筆不精ゆえにきっかけがないと何も書きませんので、貴重な機会を提供してくださったThe CCAWさんとPragueさんには感謝しております。

スポンサーサイト
  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
lvt.Cupを終えて :: 2016/08/08(Mon)

日が空いてしまいましたが簡単に書いておきます。

今大会僕は3位に入賞することができました。一応これでも優勝を狙っていたのでちょっと悔しいけど上位の二人に並ぶ動画が撮れたとも思わないので大人しく結果を受け止めています。
最近歴8年目にして成長期を迎えているようなのでこれからも前向きにコツコツやっていきます。目下のところではいい加減ナランハ優勝したいね。大会という大会ほとんど出てるのに未だ優勝経験ナシじゃ流石に格好付かないので。

ともあれラブトラップの皆さんお疲れ様でした。賞金はペン回し関係で必要になるまで取っておきます。

以下一次と決勝それぞれの動画について書いておきます。


・1次リーグ



切り返しまくりで1軸使いまくりというインフィの禁忌に触れまくったFS。
もともとエアスピ×インフィをテーマとした別のオーダーで撮っていたんですが、今大会向きでないなと構成を一新して30分くらいで撮りなおしたのがこの動画です。
以前から温めていた14,15で切り返す流れや、最近一平さんが使っている1軸絡みの縦ウインドミルを見せ場に取り入れて無理のない範囲でまとめました。去年のジャペンもそうだけどやっぱり肩肘張らないで撮った方が良い物が撮れるんだよね。わかっちゃいるけどどうしても遊びたくなってしまう。
そういえばこのFSやたら難易度が高く付いてたけど別に難しいことは何もやってないです。インフィは1軸の使用頻度が高ければ高いほどペンの動きが制御しやすくなって難易度は下がります。多少技術がある人ならすぐコピーできるんじゃないかな。

余談ですが1次リーグの没になったエアスピFSはspinfestに流しました(→https://www.youtube.com/watch?v=A_EQ2RpYowk
こういう遊んだFSは大会よりCVで見たいよね。ctionさんに格好良く使ってもらえたので撮りなおして正解でした。


・決勝リーグ



ジャペン10thぶりにパムスピを使ってみました。10thではパムスピを後半に入れてFSの中心に据えていたので、今回は前半に入れてFSの導入として活用してみました。
パムスピ→インフィはもはや手癖なのでさほど苦労しなかったんですけど、そのあとのインフィ→セミリバからのカージオイドリバの流れにえらく苦しめられました。セミリバのキャッチがペン先ギリギリに来ないとつながらないので上手にずらさないといけないんですよ。思い付きで入れていい技じゃなかったと反省してます。
構成はいい感じに組めたと思うけど全体的に技の粗さが目立つのが惜しい。見返したくないような出来ではないけど1次リーグのFSの方が気に入ってます。

  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:1