白茶日記

きまぐれに。



世界大会に出場するべき5つの理由 :: 2017/07/06(Thu)

現在JEBではWT17への出場者を募集しています(7月7日締切)
出場希望はこちらから→http://japenboard.org/viewtopic.php?f=58&t=1658

上半期にPWT、今はGPLも進行中なのにさらにワルトナ開催なんて正気じゃねぇなと思っていたんですが、やる以上は少しでも盛り上がってほしいと思っています。

そこで今回は、世界大会経験者として「世界大会に出場するメリット」を書いてみます。
出ようかどうか迷っている人がこの記事を読んで名乗りを上げてくれたら何よりです。


1. ペン回しが上手くなる

PWTの経験としてこれが一番大きいです。
世界大会で勝つための動画を撮ろうとするとどうしても撮影時間が長くなります。長時間の撮影というのは半ば苦行じみたところがありますが、しかし自分の技術を磨く絶好の機会でもあります。
大会を意識した構成を組むことで高難度の技に対応する技術力を得られますし、また同じオーダーを繰り返すことで技の熟練度も高められます。
ワルトナに出ても勝つ自信がない・・という人ほどこの機会を利用して自身のスキルアップを図ってみてはいかがでしょうか。意欲のある方はぜひ。


2. CV用の撮影とは違った面白さが味わえる

近年のCVでは概ね小奇麗でサッパリとしたFSの人気が高いようです。もちろん編集者の好みにもよりますが、ここ半年くらいのCVを見ているとそんな傾向が見えます。
一方ワルトナでは明確に熟練度<難易度&発想力の審査が行われるので、CVで輝かない人が一躍脚光を浴びる可能性もあります。

また、世界大会は秒数に関してかなり寛容です。13-15秒程度でも内容が濃ければ勝てますし、その気があるなら20秒以上の動画を提出しても構いません。
CVでは長すぎるとカットされてしまうため12秒前後で〆ることが多いですが、世界大会ではもっと自由にFSを組むことができます。


3. 知名度が上がる

名前を覚えてもらえます。
自分を知っておいてもらうことには様々なメリットがありますが、分かりやすいのはオフ会や通話での交流でしょうか。何も知らない人よりは名前だけでも知っている人の方が話しやすい、というのは誰しも感じることだと思います。
また、海外スピナーは日本勢に比べ交流に積極的なので、大会中はDMで応援してくれたりコメントをくれたりします。今まで国内で留まっていた趣味が海を越えるのは普段の活動とは違った面白さがあります。


4. 声が通りやすくなる

3.に似てますがもう少し実用的な話です。
大規模なイベントに参加することは自分が意欲的に活動していることの証明になります。そして自分の意欲を示しておくことは後の自分の活動に良い影響をもたらすことになります。

ペン回しに限った話ではありませんが、何かしら行動を起こすときにはある程度注目を集める必要があります。企画を立ち上げたい、オフ会を主宰したい、あるいは動画を見てほしい、記事を読んでほしい等々活動全般に関わる話です。
とにかく何かを始めようと思ったときに、「あの時大会に出てた人だ」という印象をあらかじめ持っておいてもらうのは事をスムーズに進めるのに役立ちます。ジャペンへの出演も同じような効果がありますが、いずれにしても意欲があるなら出ておいて損はないです。


5. 友達に自慢できる

友達に自慢できます。


思いつくところでは大体これくらいです。時間と労力を割く覚悟があるのならメリットはあれどデメリットはそう無いと思います。
イベント続きで大変だとは思いますがせっかくならガンガン盛り上げてほしいです。大会が盛り上がるか否かは出場者の数と質にかかっています。

この記事を通じて一人でも多くの人が世界大会に興味を持ってくれることを願っています。目指せJEB4連覇!

スポンサーサイト
  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:1