白茶日記

きまぐれに。



2018年総括 :: 2018/12/31(Mon)

〇CV
計8本出演。去年の総括で「本数を絞る」と宣言していた割に結構出ていた。
良くも悪くも奔放な作品が多かった去年に対し今年はおとなしめのFSを多く撮っていた。
年間通じて一定以上のクオリティは保っていたものの若干インパクトに欠けたか。

〇SV
人に作ってもらったものを除くと無い。動画が溜まってきたし曲のめぼしもついているので早くソロ4を作りたい。
それとは別に過去に撮った動画からお気に入りの作品だけピックアップしてベストアルバム的なソロも作ってみたい

〇大会(審査)
Japan CupとPSOで初めて審査員を務めた。作品に込められたこだわりを読み解いて言葉にしていく作業はとても楽しかった。機会があればまたやりたい。

〇大会(出場)
NPFコンテストは結局今年も出た。演技は可もなく不可もなく、また半端に入賞してしまった。いよいよ来年はどうしよう。

TWCはennisさんに声をかけられてさんざん悩んだ挙句出ることにした。
団体で大会に出るのは初めてだったけどとても楽しかった。堂々の準優勝!ennisさんありがとう。
出場メンバーに一言ずつ書きました。

TUv4さん: ちょうど注目していた方で、一緒に出場できて嬉しかったです。固有技が多くて見てて楽しい。今後さらに伸びそう。予選のFSが一番好き。

yuaさん: 技術力が半端ない。大会で1対1で戦ったら勝てる気がしない。技術重視の予選、3回戦から一転して遊び心あふれる決勝のFSは本当に驚いた。また面白いFS見せてください。

ennisさん: 以前と比べて格段に上達している。無理に完成度重視の回しをするより対象ペンでやりたいことやっている今の方が魅力的だと思います。

kattzさん: 相変わらずお祭り感のあるFSで良かった。全試合出場お疲れ様です。絶対黄色オレンジの方が似合うので早く復活させてほしい。

〇HAL 3rd
いかにもHALさんらしい作品。誰が出るのか予想できず終始楽しんで見れた。
撮影が難航して提出が大幅に遅れてしまったにもかかわらず辛抱強く待ってくれたHALさんに感謝。
以下気になった人にコメント。

iroziroさん: 最近のFSはどれも一切隙が無い。中盤の切り返しから2SAバクの見栄えが最高。

enotさん: またFSを見られるとは思っていなかった。相変わらず4シメソニの使い方が面白い。

imogaiさん: お家芸の左カージオイドを久々に見れてよかった。右も左も洗練されている。

Menowa*さん: 時空歪んでない?

Malimoさん: 最高傑作。盛りだくさんなFSだけど、最大の見せ場はやはり「フルーエントソニックリバース」でしょう。こういう昔からあるけど誰も使わなかった技を掘り起こす感じ非常に良い。

〇JapEn(感想)
とても良かった。編集のJuliaさん、企画のitezaさん本当にお疲れさまでした。
パッと見の感想はこんな感じ。

・曲好き
・世代がバラバラ
・fukrouさん

最近個人的にケルト音楽にハマっているので今年の曲はドンピシャだった。ジャペンで聞けると思ってなかったので嬉しい。過去作との差別化という点でも上手くいっている。

世代がバラバラなのも良いことだと思う。新しい人をどんどん出して代謝を良くした方が一見盛り上がるように見えるけど、それだとすぐに息切れしてしまう。今回のように幅広い層から動画を集められれば、全体のレベルを一定以上に保ちつつ新しい顔ぶれをそろえられる。それに幅広い世代の興味を引けると思う。

fukrouさんは単純にFSの質に驚いた。内容については下で書くけどこれだけのクオリティの動画をジャペンに持ってこれるのは本当に凄い。

編集については流石Juliaさんという感じ。曲の魅力を存分に生かしていると思う。個人的にBSさんの入りのところが好き。
唯一気になったのは編集で動画を寄せすぎているところ。せっかくカメラに写っている部分をズームして見切れさせてしまうのは少し勿体ない。

出演者評は気になった人だけ簡潔に。

aonekoさん: 2バクリバから小指の外に流すコンボが好き。毒栗がコロッと転がっていく感じがかわいい。

Lakuさん: 上下の使い方が上手い。ペンが隠れる瞬間があるのでかなり勇気のいる構想だと思うけど上手く使いこなしている。1~5のネタは言われるまで気づかなかった。こういう隠れテーマを忍ばせて誰か気付くかな~みたいなの僕もやりたい。

ennisさん: WCと並行して撮ったのは凄い。多少の不安定さはあるけど迫力がそれを上回っている。

ayano: 近年小奇麗にまとめる方向に進んでいたので久々に新構想を取り入れた意欲的なFSが見れてよかった。

airiさん: ハーフフェイソニを完全に使いこなしている。新しい要素を入れても全部airiさん風に馴染ませてしまうのいつ見ても凄いと思う。

BSさん: 不安定なところで安定しているような、唯一無二のパスが非常に魅力的。密度も高く今年を締めくくるにふさわしいFS。

fukrouさん: MVP。過去一番の出来栄えでしょう。序盤の手の表裏を大胆に行き来するコンボは圧巻の一言。エアスピから締めまでの流れも素晴らしい。新技だけで組んでしまうとそれはそれでらしさが無くなるしこのエアスピを入れたのは正解だと思う。この短期間で自分らしさを獲得したのは凄い。今後にますます期待。

〇JapEn(自分)
今回は出してません。WCと並行しては無理だった。
Juliaさんとitezaさんにはオフで会ったときに「出します」と宣言していたのに口だけになって恥ずかしい。また今度頑張ります。

完全に俺ルールだけど、ジャペンに複数回出る人は過去の自分を超えるか、最低でもそれまでとは方向性を変える必要があると思っている。同じようなクオリティの動画で出続ける意味はないし、それなら多少技術が劣っても新しい人を出した方がいい。
こういう考えを持っているので、なかなか自信をもってジャペンにぶつけられるFSが思いつかない。来年か再来年か、納得できるFSが組めたらその時また挑戦します。

〇インフィニティ
夏の陣OPとWC決勝は良く撮れた。他は70点くらいの出来栄えばかりでパッとしない。
来年は良いネタが思いついたら多少の荒さには目をつぶって積極的に試していきたい。過去のFSを顧みるに、新しいものを生み出すことをやめたら一気に魅力が無くなるように感じている。

  1. 総括
  2. | trackback:0
  3. | comment:4