白茶日記

きまぐれに。



インフィ上達法 -入門からJapEnまで- (後編) :: 2015/12/11(Fri)

後編です。前編はこちら→http://beige72.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

突っ込んだ話が多くなるほど主観も増えます。
こいつはこんなこと考えてるのか、程度の気持ちで読んでください。


後編の項目は以下の通りです。

3.上級編
 3.1 技自体の見栄え
 3.2 見る人に与える印象
 3.3 良い構成の組み方
 3.4 個性

4.今後の展望
 4.1 重ペンインフィ
 4.2 対称ペンインフィ
 4.3 両手インフィ


やはり今回も長いので、項目見て興味持ったとこだけでも読んでみてください。



今更ですが、文章中で使う「インフィFS」とはどういうFSを指すかを簡単に定義しておきます。

・始動から〆までインフィコンボで固められたFS
・FS全体の5割以上がインフィコンボで構成されたFS

こんな感じです。何割以上が~とかは適当です。まあ見ててインフィだなと感じればインフィです。

それでは始めます。



3.上級編

3.1 技自体の見映え

まず、インフィは特別見映えがいい技ではないということを常に念頭に置く必要があると思います。

僕はペン回しの技、コンボにはそもそもの見栄えの格付けみたいなものがあると考えていて、僕の中でのランク付けはまあだいたいこんな感じです。

A:ノーマル系全般、シャドウ、ソニひね、3,4ガンマン&リバ、ハーフガンマン&リバ、バクアラ全般、チョイワル
B:ソニック(?)、ラダー(?)、パス、シメソニ、2ガンマン&リバ
C:1軸の絡むパス、シメラダ(?)、指ぬき(?)、その他
D:フェイクトラダー、12ハーフウィンドミル、その他

B以上・・・映える技、コンボ
C・・・使い様によっては映える技、コンボ
D・・・ほとんど使えない技、コンボ

めちゃくちゃ適当です。全技網羅してないし大技はそもそも入れてません。自信ないのはハテナついてます。
昔からある技は上の方に来やすい気がします。コリアンの使う技って大抵見映えいいですよね。
一方で、最近生まれたコンボは玉石混交です。チョイワルみたいに画期的に映えるのもありますが、ごちゃごちゃしていて見映えが悪いものも多いです。技術重視コテを目指す初~中級者はCランクくらいからコンボを選びがちです。
また、当然ですけど技の組み合わせ方によって見映えは変わりますし、やる人によっても全然違ってきます。あくまで目安に過ぎません。

詳細なランク付けは今どうでもよくて、肝心のインフィがどの辺に入るかについて考えてみます。
僕はこのランク付けだと、大半のインフィコンボがB~Cランクに入ると思っています。
インフィコンボにも映えるもの、映えないものがありますから一概には言えませんが、少なくともA~Bで挙げた技よりは見映えで劣るかなという感じです。

特別映える技でもないのですから、何も考えず既存のインフィコンボをつなげるだけでは限界があります。インフィにおけるコリアンスタイルというのは成立しません(「3.2 見る人に与える印象」でも触れます)。

mindのように複雑さや構成で突き抜けるか、僕みたいにインフィ以外の技を見せ場に持ってくるか、いろいろ工夫のし甲斐はあると思います。
漫然とインフィコンボを繋ぐだけの段階を脱することができれば中級者卒業でしょう。


3.2 見る人に与える印象

インフィをやらない人から見ると、インフィなんて何やってんだかよくわからん、というのが正直な感想でしょう。
普通4軸使うところで5軸使ってみました!だの、実は指抜きしてるとこすげー難しいんです!だの、知ったことかという感じです。
ということで、インフィFSを組むときは細かいところにこだわって自己満足に陥ることがないように気を付けましょう。見る人の目が肥えていないのではなく、伝え方が悪いのです。

また、細かい工夫が伝わりにくい一方で、インフィコンボは見る人に強い印象を与える効果もあります。
これに関連して、僕が最近意識している「技の採用率」という考え方を紹介します。

技の採用率とは、「世に出た全てのFSにおいて、ある技が使われている割合」です。例えば、3ソニひねは多くの人が使っている=採用率が高い、4ガンマンは滅多に見ない=採用率が低い、ということです。

以下は採用率の高低と、FSに使用した際に与える印象です。

採用率の高い技を稀に使う→特になし
採用率の高い技を頻繁に使う→特になし
採用率の低い技を稀に使う→インパクト大
採用率の低い技を頻繁に使う→ワンパ

まあ採用率なんて言葉をあえて使わなくても大抵の人はなんとなく意識していることだと思います。

ここで重要なのは、採用率は世に出たFS全体に対しての割合であって、個人的な使用頻度とはあまり関係がない、ということです。
つまり、自分がソニひね感覚で使っているインフィでも、採用率が低いために連続して使うとワンパに見える可能性があるのです。自分にとって当たり前の技が、他人にとっても当たり前とは限りません。
これがインフィにおけるコリアンスタイルが成立しえないもう一つの理由です(「3.1 技自体の見映え」参照)。コリアンスタイルってのは採用率の高い技をどれだけ格好良くこなせるかが勝負ですからね。インフィとは色々矛盾します。

不本意なワンパ化を避けるためには、全てのFSを異なるインフィコンボで作れれば一番いいんですが、そこまでのストックがある人はまずいません。なので構成や環境などで工夫していく必要が出てきます。


3.3 良い構成の組み方

これまでに述べたように、インフィは特別見映えがいいわけではない上に、工夫が伝わりにくく、さらに気を付けないとすぐワンパになる系統です。面倒くさいですね。

その上でよい構成を組むためには、以下のような工夫が考えられます。

○特に採用率の低いインフィコンボを使用する
○インフィ以外の技を使用する
○FSにテーマを持たせる

それぞれについて、動画を使いながら説明します。


○特に採用率の低いインフィコンボを使用する

・0+ 4th ippeiさん



全体的に採用率の低いコンボが多いですが、特に〆前のフルーエントコンボはippeiさんオリジナルの技でとてもインパクトがあります。新技はお披露目した時点では採用率0%ですからね。当然与える印象も強くなります。


・Agenda ippeiさん



ippeiさんはインフィコンボの創作に熱心なのでこの項で紹介しやすいです。
3:05の手のひらを上に向けたコンボはあまり見ない動きでインパクトがあります(元ネタはkirboさんだっけ?忘れました)。
ついでにその直前のノーマルも、そこまでの同方向の流れを変えるためによい働きをしています。


○インフィ以外の技を使用する

・JapEn10th Beige



自分の動画貼るのもどうかと思いますけど書きやすいので許してください。
インフィからのパムスピ、シャドウ小指流しなど珍しいことやってますが、インフィコンボ自体は手癖でやっているものばかりです。


・Talentica neue Beige



インフィに色々組み合わせるのは僕の得意分野でもありますし、もう一本だけ紹介させてもらいます。
インフィとゾンボキャッチ、シングルアクセルなどを組み合わせています。
それ以外はいつも通りですが、上記の技を入れたおかげで「いつもと同じ」という印象は避けられている、はずです。


・iteza 7th mind



mindにしては珍しくインフィ以外の系統を入れています。
これもインフィ以外の部分がアクセントになっていていつもと違う雰囲気を醸しています。普段がインフィ固めなのでそのせいもあるかもしれません。


○FSにテーマを持たせる

・Nostalgica mind



構成にテーマを持たせることに関してはmindが頭一つ抜けています。
逆回転、順回転それぞれのフルーエントコンボがよい流れが生んでいます。


・SPSL'7th mind



今度は回転方向統一です。逆回転統一であっさり〆、なんかもう芸術的ですね。
逆回転統一ではJapEn8thも印象深いですが、あれは回転方向云々より内容のエグさに目が行きます。


もちろんここで紹介したもの以外にもよい構成を作るコツはあります。興味のある人はいろいろ考えてみてください。

何にせよ、できるようになったコンボを繋げただけのFSは避けるようにしましょう。インフィに限った話ではないですけどね。


3.4 個性

劣化mindになるのは避けましょう。ぶっちゃけこれが全てな気がします。

インフィはほっといてもそれなりに個性が出ます。技の選択の幅が広い、ペンを挟んでいない指の形の自由度が高い、などが理由です。

しかし、VPを使用した複雑怪奇なインフィFSを追及すると、遠くない将来mindの壁にぶち当たります。半端なく高くて厚い壁です。
「俺はmindを超える!!!」という強気な人や、「mindさんは神。”劣化mind”は神の称号」という信者はそのまま続ければいいと思いますが、インフィの世界で個性を確立したいなら別ルートを選ぶ方が賢明だと思います。現に僕は比べられるのが嫌なのでインフィ以外の技を組み込むスタイルを模索しています。
VPでインフィやっちゃダメというわけじゃないですよ。ただ、常にmindとは比べられるよ、という話です。

最後に、今後開拓できそうなスタイルを書いて終わります。


4.今後の展望


4.1 重ペンインフィ

今のところ、インフィFSに重ペンを使う人はあまりいません。
しかし、重ペンを使うことでインフィ特有の振り回す動きが強調され、VPなどを使うインフィとは違う印象を与えることができます。


・PSN4thのSaizenさん




・bonkura solo 2ndから一本




ペンが重いので振り回す感が強いというか、指の動きにペンが遅れてついてくる感じになるんですよね。enotさんのインフィも似た雰囲気があります。
最近僕が一番興味をもっている分野です。


4.2 対称ペンインフィ

インフィは非対称、特にVPでやるのが一般的ですが、別に対称ペンでできないわけではありません。現在取り組んでいるのは僕くらいだと思います。


・JapEn10th Beige(「3.3 良い構成の組み方」で紹介したので動画は省略します)

・WT13 R1 Beige




・WT15 R4 Menowa*さん



このMenowa*さんのはインフィFSとして扱われてるとこ見たことないんですけど、大技とインフィの組み合わせ方に感動したので紹介してみます。
大技×インフィって実は相性いいと思うんですよね。僕はできないけど。


普通のインフィ固めのFSを撮るなら対称ペンは使わない方がいいと考えています。インフィという技がそもそも指に対して非対称な技なので、対称ペンを使ってしまうとどうしても違和感が生じます。
でも、バクアラやパムスピなどを上手く取り入れたら、もしかすると対称ペンの方が映えるような構成もあるのかも?と色々考えて試してはいますが、上手くいっているかどうかはわかりません。
両側にグリップついてるのは対称ペンの利点ですけど、なかなかそこを生かす構成組むの難しいんですよね。

僕がやったこと以外のアイディアを持ってる人がいればぜひ挑戦してみてください。


4.3 両手インフィ

あまりインフィって感じはしませんね。インフィニストが取り組むより両手使いが取り組む方が現実的な気がします。実際やってるのも両手FSで有名なTMrWだけです。


・TMrWの試作品




・Tethnic5th TMrW




ちょっと真似したことあるんですけどめちゃくちゃ難しいんですよね。
もしやってみたいという奇特な方がいたら、TMrWが詳しく書いてるので読んでみてください。

明日もやらない―両手インフィは辛いのか
URL:http://penspin1228.blog61.fc2.com/blog-entry-508.html


上記以外にも開拓の余地はきっとあるはずです。これまでのインフィニスト10人そこらで開拓しつくしたわけありませんしね。



ものすごく長くなりましたが、役立つor面白い情報はあったでしょうか。何かコメント貰えると嬉しいです。

色々書きましたけど、僕は人のインフィFSを見るのがとても好きです。
これから先、インフィニストが少しでも増えてくれたら何よりです。
スポンサーサイト


  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<好きなFS① | top | インフィ上達法 -入門からJapEnまで- (前編)>>


comment

非常に楽しく読ませていただきました。

インフィ上達法の記事を読んでいると両手と共通する点がいくつかあって面白かったです。
構成や技の覚え方、人に与える印象や個性など色んな所で両手と似た面があるなと感じました。
もしかしたらこの記事を真似して両手上達法みたいなものを書いてみるかもしれません(笑)


あと両手インフィというのをみて
https://m.youtube.com/watch?list=PLUFxkCCnOSNogKddkVYHEduKaaaXSZ098&v=wThtf2fxYI8
これを思い浮かべました(・ω・`)
  1. 2015/12/12(Sat) 00:46:36 |
  2. URL |
  3. oZone #wLMIWoss
  4. [ 編集 ]

>oZonesさん

長文読んでくださってありがとうございます。
マイナー系統特有の難しさはあると思います。深入りしすぎると伝わらなくなる、といった内容の記事を以前oZoneさんが書かれてましたけど、両手にせよインフィにせよやる人が少ない領域だとその辺は一層気にしなくちゃいけないのかもしれません。
両手記事楽しみにしてます!TMrWも両手入門みたいなの書いてましたけど、両手使いは方向性がバラバラなので入門の段階でも違いが出るのかも?と興味深いです。

hinekureさんの両手は面白いんですけど、インフィというより両手色が強くなってしまうので紹介しませんでした。インフィはペンが広範囲を動き回るので2pだと手の位置取りに苦労しそうですね
  1. 2015/12/17(Thu) 02:14:27 |
  2. URL |
  3. Beige #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://beige72.blog.fc2.com/tb.php/49-71f1e2c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)