白茶日記

きまぐれに。



G3の作り方 :: 2016/04/17(Sun)

全体

僕が使っているG3の作り方を書きます。Editors'14やChanPonさんのうp祭りなどで使用したものです。
たまに作り方を聞かれることがあるのでいつか書こうと思ってたら後回し後回しで遅くなってしまいました。
画像が多いので追記に書きます。

○スペック

重さ:約14g
長さ:20cmちょうど

ハパジェルアンティークを使用すると渋い配色が楽しめます。
回し心地は計算ペンに近いです。こっちの方がちょっと重いかな。
普段KT等重めのペンを回している人には割と好評です。VPスピナーには重いと言われることが多いですが鈍器というほどではないです。


○材料

・G3(本体、グリップ)
・CHOOSE(プラスチックチップ)
・HF or HGG(チップ、グリップ)
・HYPER JELL(グリップ、キャップ)
・Ballsign新型(キャップ)
・signo(チップ)
・HI-TEC C(チップ)
・SUPER GRIP×2(グリップ)


○作り方

~ペン先側&本体~

ペン先側パーツ


①G3を全て分解して突起を削る

②スパグリのグリップを3ブロックと4ブロック、G3グリップの溝の無い部分を3~4mmに切る(上図参照)

③G3本体にG3グリップ、スパグリ4ブロックの順でグリップを付け、ペン先内部にスパグリ3ブロックを押し込む
ペン先1


④CHOOSEのプラスチックチップの先にHF、シグノの順でチップを固定する。安定しないので接着剤を使用した上で周囲をセロテープで1週巻くとよい
ペン先2


⑤チップの上にハパジェルグリップを被せる
ペン先3


⑥チップの付いたハパジェルグリップを本体にはめて時計回りにひねる。CHOOSEプラチップはG3ペン先のねじ部分にある程度適合するので固定できるまで回す。ただし回しすぎるとプラチップが割れるので注意
ペン先4


⑦G3本体に好みのインサートを入れる


~キャップ側~

キャップ側パーツ


①スパグリのグリップを3ブロックと2ブロック、HFグリップを5mmに切る(上図参照)

②ボールサインキャップの突起をすべて削る

③ハパジェルキャップのクリップを切る。上の画像くらいまで切ると重心が大体真ん中になるので参考までに

④ハパジェルキャップにスパグリ2ブロックを入れる。G3本体のペン尻側を使って押し込むとよい
キャップ1


⑤ハパジェルキャップにハイテックチップを入れる。これもG3本体のペン尻側を使って押し込むとよい。④で入れたスパグリグリップに固定されてぴったりはまる
キャップ2


⑥ボルサキャップにスパグリ3ブロックを奥まで押し込む(画像は押し込む前)
キャップ3


⑦ボルサキャップをハパジェルキャップに入れる
キャップ4


⑧G3本体のペン尻側にHFグリップを軽く噛ませる
キャップ5


⑨ハパジェルキャップをG3本体に固定する
キャップ6


完成!
全体


参考動画




スポンサーサイト
  1. ペン回し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<lvt.Cup 予選 | top | インフィ講習会やります>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://beige72.blog.fc2.com/tb.php/54-1d53ec6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)